HISでんき(HTBエナジー)の評判・口コミ!

HISでんき(HTBエナジー)の評判・口コミ!
節約家

在宅ワークが増えて電気代が高騰中!

まわりの人も、新電力会社に切り替え始めてる・・・

新電力は、電気料金が、かなり安くなるらしいじゃん!

HISでんきがいいって聞いたんだけど、実際どうなの?

いくら安くなるの?

評判・口コミとか、色々教えて下さい!!!

新電力各社について、調べ尽くしたわたしが、HISでんきを徹底解説します!

  • HISでんきの特徴
  • HISでんきの評判と口コミ
  • 地域電力会社との電気料金比較(地域・世帯人数別)
  • 利用するメリットとデメリット

この記事を読んで頂ければ、あなたがHISでんきを選ぶべきか、正しい判断が下せます!

【関連記事】新電力会社おすすめランキングを解説しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

Contents

HISでんき(HTBエナジー)とは…!

HISでんき(HTBエナジー)の基本情報

HISでんきの特徴
引用元: HISでんき公式サイト

HISでんきは、HTBエナジーが運営する「新電力供給サービス」です。HTBエナジーは、大手旅行代理店「HISグループ」の系列会社です。

地域電力会社(東京電力など)に代わり、低料金で電力供給を実現しています。

運営会社HTBエナジー株式会社
HISグループ
設立2015年
初期費用不要
解約金2,200円
※1年以内の解約
サービス提供エリア全国
※一部の離島は除く
料金プラン
※一般家庭向け
・PRIMEプラン
・ママトクプラン
・オール電化プラン
基本料金あり
申込時必要なもの・検針票
(電気料金領収証)
※提出は不要、情報入力のみ
・クレジットカードor銀行口座
支払い方法・クレジットカード払い
・銀行口座振替
・コンビニ払い
開通工事の立ち合い不要
現在の電気会社への
解約連絡
不要
引っ越しに伴う
利用開始
トラブル対応「あんしんサポート365」(有料)
※PRIMEプランとオール電化プラン
節約家

HISって大手旅行代理店だよね??

はい。旅行事業との関連で、JALマイルポイントの還元などのサービスを提供しています。のちほど詳しく説明します。

HISでんきの料金プランの特徴

HISでんきの一般家庭向けの料金プランは、この3種類です。

料金プラン特徴
PRIMEプラン最もスタンダードなプラン
地域電力会社より、2%or5%電気料金が安くなる
・30A契約:2%
・30A契約以上:5%
※「あんしんサポート365」あり

<対象外エリア>
なし(一部離島のみ)
ママトクプラン毎日、特定の時間帯(2時間)の電気料金が無料
3種類から選択可
・19時~21時が無料
・22時~24時が無料
・6時~8時が無料
※「あんしんサポート365」なし

<対象外エリア>
中部・沖縄電力エリア
オール電化プランオール電化家庭向けのプラン
※「あんしんサポート365」あり

<対象外エリア>
北海道・東北・北陸・沖縄電力エリア

注意事項

  • ママトクプランは既にスマートメーターが設置されている家庭でないと選択できません。
  • 最初は、PRIMEプランで申し込んでから、料金プランを変更する必要があり、手数料が330円かかります。
  • HISでんきの「あんしんサポート365」は無料ではありません
節約家

「あんしんサポート365」がないプランって、トラブルが起きたらどうするの??

地域電力会社に連絡して対応してもらうことになります。対応時間などで料金は変わりますが、1万円程度が相場です。

ただし、HISでんきの「あんしんサポート365」も無料ではありません。地域電力会社よりは対応費用が安いですが・・・

本記事では、最もスタンダードな「PRIMEプラン」の料金を詳しく解説します。

HISでんき公式サイトへ

HISでんきの評判・口コミ

HISでんきの良い評判・口コミ

  • 電気料金が安い
  • HIS系列だから申し込んだ
  • でんきガスのセット割あり
  • 市場連動型じゃないので安心

良い評判①:電気料金が安い

HISでんきが安い
契約電力ごとに電力会社の比較を進めてきており、自分の契約値、電力使用量のところまで来ましたが、50A契約はHISでんきの圧勝でした
我が家のピタでんも良かったのですが…乗り換え決定です

Twitter
HISでんきと東京電力の電気料金比較
引用元:Twitter

TEPCOもこれといってポイントが怪しくなってきたし
電気代に手を付けてもいいかなと思い各社比較しまくってエクセルに落とし込んでいったら
HISでんきダントツだな、、落とし穴あるのかと思うぐらい、、
3か月無料ってやっぱ半端ないや、Tポイントやソフバン回線もってる割引とか些細な値引きだった

Twitter
HISでんきと同業各社の電気料金比較
引用元:Twitter

引っ越しに際し
電力会社を決めないと!
どこが安いかな?

現在の電気代が
1531円(関西電力)で
調べると、この使用量(62kwH)だと
新電力の方が高くなるとこが多い!

諦めずに調べたら
【HISでんき】
が安くなりそうなので申し込んだ

この選択が
吉と出るか凶と出るか・・・w

Twitter

電力会社を見直そうかなと思って少し調べたんだけど、いま使ってるHISでんきより安い電力会社が一つもなかった。
キャッシュバックとかを除けばHISでんきが一番安いことが分かった。しばらく安定かな。

Twitter

HISでんき、地域により料金設定が違うけど、関東だと基本的に東電の5%引きだから強い

Twitter

お住まいの地域や電気利用量によって、最もお得な電力会社は変わります。ご注意下さい!

【関連記事】各地域電力エリアの電気料金ランキング記事です。

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

良い評判②:HIS系列だから申し込んだ

楽天でんきにしようか迷ってたけど、シミュレーション結果、今契約してるHTBエナジーが安いという結論

最初、どこぞの会社かと怪しんだけどHIS系とわかってチャレンジ申込みしたけど、良かったなw

Twitter

良い評判③:でんきガスのセット割あり

だいぶ安い。HISでんきもガス取り扱ってて確か割引あったよ。うちはプロパンだからガスは契約できんやけど

Twitter

電気を東京ガスからHTBエナジーの「たのしいでんき」に切り替えて1年半ほど経ち、特にトラブルもないようなので、今度はガスも同じくHTBエナジーの「まじめなガス」に切り替えることにしました。それにしても「たのしいでんき」と「まじめなガス」って…(^^;)。ちなみに経営母体は旅行会社のHIS。

Twitter

※料金プラン「たのしいでんき」は、現状の「PRIME」のことです

良い評判④:市場連動型じゃないので安心

HISでんきは話題の市場連動型ではないとメールお知らせ来てた。一安心

Twitter

HISでんきの悪い評判・口コミ

  • 電気料金に他社と大差はない
  • WEBサイト(マイページ)が使い難い
  • 解約金がかかる
  • 電話がつながりにくい

悪い評判①:電気料金に他社と大差はない

各社公式サイトから料金確認し、過去1年分の電気代を現状と比較計算した結果↓(一人暮らし/30A)

エルピオ       +1,510.63円/年
くらしでんき      -35.81円/年
Loop電気          -989.81円/年
HISでんき         -239.15円/年
アストでんき   -843.29円/年

ぶっちゃけ大差ないですね。

Twitter

悪い評判②:WEBサイト(マイページ)が使い難い

HISでんきのマイページ、画面遷移のたびに上からスライドしてうざったすぎる。WEBデザイン見直してほしいお気持ち

Twitter

HISでんき、マイページへの導線がいつも分からないのが不満。
ブックマークしやすいURLにするか、HTBエナジーでも良いから公式ページのトップにリンクを置いて欲しい。

Twitter

悪い評判③:解約金がかかる

ちなみにHISでんきは1年未満に解約すると2,200円の違約金がありますが、サニックスでんきにはありません

Twitter

ちなみに、新電力の他社のほとんどが、解約違約金はありません。

【関連記事】新電力会社おすすめランキングを解説しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

悪い評判④:電話がつながりにくい

電話繋がんねぇ〜HTBエナジーお前だ

Twitter

HISでんきの料金計算シミュレーション(vs地域電力会社)

各地域電力会社の一般家庭向けプラン(従量電灯)と、HISでんき「PRIMEプラン」の電気料金を比較計算しました。

<計算に用いた世帯モデル>

世帯人数契約アンペア電気利用量
1人世帯30A200kWh
2人世帯30A300kWh
3人世帯40A350kWh
4人世帯50A400kWh

1人世帯の料金比較:30A、200kWh

地域電力会社HISでんき
「PRIMEプラン」
北海道電力
6,320円
月間:6,193円
月間お得額:127円
年間お得額:1,524円
北陸電力
4,605円
月間:4,513円
月間お得額:92円
年間お得額:1,104円
東北電力
5,246円
月間:5,141円
月間お得額:105円
年間お得額:1,260円
東京電力
5,362円
月間:5,254円
月間お得額:108円
年間お得額:1,296円
中部電力
5,423円
月間:5,315円
月間お得額:108円
年間お得額:1,296円
関西電力
4,530円
月間:4,303円
月間お得額:227円
年間お得額:2,724円
中国電力
4,711円
月間:4,476円
月間お得額:235円
年間お得額:2,820円
四国電力
4,811円
月間:4,570円
月間お得額:241円
年間お得額:2,892円
九州電力
4,831円
月間:4,734円
月間お得額:97円
年間お得額:1,164円
沖縄電力
5,206円
月間:5,101円
月間お得額:105円
年間お得額:1,260円

2人世帯の料金比較:30A、300kWh

地域電力会社HISでんき
「PRIMEプラン」
北海道電力
9,420円
月間:9,231円
月間お得額:189円
年間お得額:2,268円
北陸電力
6,778円
月間:6,643円
月間お得額:135円
年間お得額:1,620円
東北電力
7,779円
月間:7,623円
月間お得額:156円
年間お得額:1,872円
東京電力
8,010円
月間:7,849円
月間お得額:161円
年間お得額:1,932円
中部電力
7,974円
月間:7,815円
月間お得額:159円
年間お得額:1,908円
関西電力
7,101円
月間:6,745円
月間お得額:356円
年間お得額:4,272円
中国電力
7,455円
月間:7,083円
月間お得額:372円
年間お得額:4,464円
四国電力
7,510円
月間:7,134円
月間お得額:376円
年間お得額:4,512円
九州電力
7,137円
月間:6,994円
月間お得額:143円
年間お得額:1,716円
沖縄電力
8,055円
月間:7,893円
月間お得額:162円
年間お得額:1,944円

3人世帯の料金比較:40A、350kWh

地域電力会社HISでんき
「PRIMEプラン」
北海道電力
11,460円
月間:10,887円
月間お得額:573円
年間お得額:6,876円
北陸電力
8,192円
月間:7,782円
月間お得額:410円
年間お得額:4,920円
東北電力
9,573円
月間:9,093円
月間お得額:480円
年間お得額:5,760円
東京電力
9,824円
月間:9,334円
月間お得額:490円
年間お得額:5,880円
中部電力
9,683円
月間:9,199円
月間お得額:484円
年間お得額:5,808円
関西電力
8,536円
月間:8,108円
月間お得額:428円
年間お得額:5,136円
中国電力
8,933円
月間:8,487円
月間お得額:446円
年間お得額:5,352円
四国電力
9,035円
月間:8,583円
月間お得額:452円
年間お得額:5,424円
九州電力
8,682円
月間:8,301円
月間お得額:381円
年間お得額:4,572円
沖縄電力
9,578円
月間:9,386円
月間お得額:192円
年間お得額:2,304円

4人世帯の料金比較:50A、400kWh

地域電力会社HISでんき
「PRIMEプラン」
北海道電力
13,500円
月間:12,825円
月間お得額:675円
年間お得額:8,100円
北陸電力
9,606円
月間:9,125円
月間お得額:481円
年間お得額:5,772円
東北電力
11,367円
月間:10,797円
月間お得額:570円
年間お得額:6,840円
東京電力
11,639円
月間:11,058円
月間お得額:581円
年間お得額:6,972円
中部電力
11,392円
月間:10,822円
月間お得額:570円
年間お得額:6,840円
関西電力
9,971円
月間:9,472円
月間お得額:499円
年間お得額:5,988円
中国電力
10,411円
月間:9,891円
月間お得額:520円
年間お得額:6,240円
四国電力
10,560円
月間:10,032円
月間お得額:528円
年間お得額:6,336円
九州電力
10,227円
月間:9,821円
月間お得額:406円
年間お得額:4,872円
沖縄電力
11,102円
月間:10,879円
月間お得額:223円
年間お得額:2,676円

料金計算時の注意事項

  • 料金は全て税込みです
  • HISでんきのお得額は、全て、地域電力会社の料金に対してです。
  • 電気料金は、基本料+電気量利用料(従量料金)で計算しています
  • 地域電力会社の料金は、一般家庭向けプランで計算しています。(東京電力:従量電灯B、関西電力:従量電灯A)
  • 「再エネ賦課金」「燃料費調整額」は、含めていません。時期によって変動しますが、地域電力会社とHISでんきで、同額です(500円~2,000円程度)

正確な金額は、HISでんきの公式サイトで料金シミュレーションして下さい!

HISでんき公式サイトへ

【関連記事】各地域電力エリアの電気料金ランキング記事です。

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

HISでんきのメリットとデメリット

HISでんきのメリット

  • ①電気ガスのセット割り
  • ②旅行代金の割り引き
  • ③駆けつけサービス
  • ④ポイント還元(Skywalker Card)

メリット①:電気ガスのセット割り

HISでんきの「PRIMEプラン」を契約すると、都市ガスプラン「まじめなガス」に申し込むことができます。申し込むと、ガス料金も割り引きされます。

都市ガスプランは、この3種類があります。

都市ガスプラン割り引き率
東京プラン東京ガス(一般料金)から3%割引
中部プラン東邦ガス(一般料金)から月100m3までは5%割引
関西プラン大阪ガス(一般料金)から2~5%割引

対象エリアや料金など、詳しくは、HISでんきの公式サイトをご確認下さい。料金シミュレーションも用意されています。

メリット②:旅行代金の割り引き

HISでんきと契約すると「HTBエナジー契約者専用優待」を受けることができます。HISが提供する優待なので、旅行・宿泊関連を中心に各種割り引きが用意されています。

例えば旅行のツアー代金は、こちらの通り割り引きを受けることができます。

旅行代金割り引き額
20万円以上3,000円
5万円以上2,000円
5万円未満1,000円

HISだけではなく、他社のツアーも割り引き対象になります。

HTBエナジー契約者専用優待
引用元:HTBエナジー契約者専用優待

メリット③:あんしんサポート365

HISでんきの「PRIMEプラン」と「オール電化プラン」には、「あんしんサポート365」がついています。電気のトラブル中心に、365日24時間対応してくれます。

HISの公式ホームページには、こうありますが・・・

様々なトラブルに対応するあんしんサポート365が無料でセットされています。
あんしんサポート365の詳細はHTBエナジーのサイトでご確認ください。

HTBエナジー公式サイト「あんしんサポート365」

HTBエナジーのサイトを確認したところ、、有料ですのでご注意下さい!相談が無料なだけです・・・

メリット④:ポイント還元(Skywalker Card)

Skywalker Card
引用元:HISでんきの公式サイト

HISでんきは、電気料金をクレジットカード「Skywalker Card」で支払うと、1,000円ごとに1スマイル(ポイント)が貯まります。

貯まったスマイルは、JALやANAのマイルや、HISの商品券と交換できます。例えば、10万円電気代を支払って、100スマイル貯めると・・・

JALマイル200マイル分
ANAマイル240マイル分
HIS商品券400円分 ※1000円単位で交換可

HISでんきのデメリット

  • ①解約金あり
  • ②料金プラン変更に手数料がかかる
  • ③電気料金はそこまで安くない

デメリット①:解約金あり

HISでんきは、1年未満で解約すると、解約違約金が2,200円(税込)徴収されます。

ただし、引越しを伴う1年未満のご解約の場合は、違約金は発生しません。

新電力各社は、引っ越しの有無や、利用期間に関わらず解約金を徴収していないところがほとんどです。

デメリット②:料金プラン変更に手数料がかかる

HISでんきは、解約時だけでなく、料金プラン変更時にも手数料330円(税込)が必要です。将来的にこのような計画がある方は、ご注意下さい!

  • オール電化プランに変更したい
  • アンペア契約を変えたい(上げたい、下げたい)

また、電気料金の請求書を紙(郵送)で受け取りたい場合も、1通220円(税込)かかりますのでご注意下さい。

デメリット③:電気料金はそこまで安くない

ここまで説明してきて申し訳ありませんが、HISでんきは、電気料金がそこまで安いわけではありません。

電気料金は、地域電力エリアや世帯人数(電気利用量)で変わります。ご自身の状況をご確認の上、判断をお願いします!

<各エリア・世帯人数別の料金最安第1位>

1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯
北海道電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
東北電力エリアリミックスでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
東京電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
北陸電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
中部電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
関西電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
中国電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
四国電力エリアリミックスでんき
HISでんき
リミックスでんき
HISでんき
ジャパン電力ジャパン電力
九州電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
沖縄電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんき
※地域電力エリア名は、各地域の料金ランキング解説記事にリンクしています

四国電力エリアの1人・2人世帯は、HISでんきが最安です。ただし、それ以外のエリアは、電気料金だけならば、もっと安い電力会社があります。

HISでんき以外の新電力会社との比較

HISでんき以外の電力会社を含めた、各社の比較結果をまとめます。

本記事では、結果だけまとめています。詳しくは、こちら↓のランキング記事や、各社の解説記事、各エリアのランキング記事(のちほど紹介します)をお読み下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

新電力各社のメリットとデメリット

メリットデメリット
HISでんき・でんきガスのセット割
・旅行代金の割り引き
・ポイント還元(Skywalker Card)
・解約違約金あり
・料金プラン変更に手数料がかかる
そらエネでんき
>解説記事へ
・料金体系がシンプルでとにかく安い・北海道、北陸、四国、沖縄は対象外
・支払いはクレジットカードのみ
シン・エナジーでんき
>解説記事へ
・生活スタイルに応じたプランあり
・JALマイルが貯まる
・30A未満のプランなし
・電気ガスのセット割なし
ジャパン電力
>解説記事へ
・料金体系がシンプル
・電気を多く使うほど得
・オプションサービスなし
・キャンペーンなし
・オール電化未対応
エルピオでんき
>解説記事へ
・キャッシュバックあり
・電気ガスのセット割
・駆けつけサービス無料
・料金プランが分かりにくい
・30A未満のプランなし
リミックスでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・ビットコイン投資プランあり
・30A未満のプランなし
・電気ガスのセット割なし
あしたでんき
>解説記事へ
・料金プランが分かり易い
・東京電力グループで安心
・支払いはクレジットカードのみ
・対応エリアが狭い
・電気ガスのセット割なし
Looopでんき
>解説記事へ
・料金プランが分かり易い
・駆けつけサービス無料
・電気ガスのセットプランあり
・支払いはクレジットカードのみ
・オプションサービスが東京エリアのみ
ソフトバンクでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・キャッシュバックあり
・ソフトバンク回線利用料が割引き
・駆けつけサービス無料
・解約違約金あり
・電気ガスのセット割なし

電力エリア/世帯人数ごとの電気料金お得額第1位

1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯
北海道電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
東北電力エリアリミックスでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
東京電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
北陸電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
中部電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
関西電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
中国電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
四国電力エリアリミックスでんき
HISでんき
リミックスでんき
HISでんき
ジャパン電力ジャパン電力
九州電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
沖縄電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんき
※地域電力エリア名は、各地域の料金ランキング解説記事にリンクしています

どの新電力会社も、メリットとデメリットがあります。複数社を比較・検討したい方は、こちらの記事をご活用下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

HISでんきの利用の流れ

  • WEB申込
  • スマートメーターへの交換
  • 電力供給開始日の連絡
  • HISでんき利用開始

こちらの4STEPですが、あなたがやることはSTEP①の申込だけです。

STEP①:WEB申込

電気料金の検針票:電気ご使用量のお知らせ

HISでんきの公式サイトで申込みを行います。

<申込に必要なもの>

  • メールアドレス
  • 電気使用量のお知らせ
  • クレジットカード or 銀行口座

コンビニ払いを希望する場合、クレカや銀行口座は不要です。

STEP②:スマートメーターへの交換

地域電力会社がスマートメーターへの交換作業を行います。事前に地域電力会社から交換日の連絡があります。

原則、立ち会いは不要ですし、費用もかかりません。

STEP③:電力供給開始日の連絡

HISでんき(HTBエナジー)から、電力供給開始日の連絡がメールできます。

STEP④:HISでんき利用開始

HISでんきから電力供給が開始します。マイページで電気使用量・料金の確認や支払い方法の変更が可能です。

HISでんき公式サイトへ

HISでんきへの素朴な疑問

疑問①:電気の質が下がらない?

下がりません。停電になりやすくなることはありません。

発電・送電・保守を担うのは、これまで同様に、地域電力会社です。

HISでんきが発電した電気は、地域電力会社に供給され、地域電力から契約者に送電されます。仮に、HISでんきの発電量が減っても、停電することはないです。

電気は、ライフラインなので、法律で、地域の電力会社による提供が保障されています。災害などにより、特定エリアが停電する可能性はありますが、従来と変わりません。

疑問②:電気料金が高騰することはない?

ありません。燃料費高騰による電気料金高騰が話題になりますが、いわゆる「市場連動型プラン」を選択している場合だけです。

HISでんきの料金プランは、全て「市場連動型プラン」ではありません。

疑問③:マンションに住んでいても契約できる?

できます。

疑問④:契約プランは途中で変更可能?

はい。ただし、事務手数料が330円かかります。

疑問⑤:停電した時にはどうすればいい?

あなたの家だけが停電している場合は、HTBエナジーのサポートセンターに連絡します。

地域全体が停電している場合は、地域電力会社のカスタマーセンターへ連絡する必要があります。

疑問⑥:途中で解約するにはどうすればいい?

電力会社の切り替えの場合は、HISでんきへの解約連絡は不要です。新たに契約する電力会社に申し込みを行うと、解約を代行してくれます。

単純解約の場合は、HISでんきの解約フォームから解約申込を行います。

いずれにせよ、引っ越しに伴う解約ではなく、1年未満の解約は、解約違約が2,200円(税込)かかります。

HISでんき公式サイトへ

まとめ:HISでんき(HTBエナジー)の評判・口コミ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

まとめと振り返りをさせて頂きます。

<HISでんきの良い評判・口コミ>

  • 電気料金が安い
  • HIS系列だから申し込んだ
  • でんきガスのセット割あり
  • 市場連動型じゃないので安心

<HISでんきの悪い評判・口コミ>

  • 電気料金に他社と大差はない
  • WEBサイト(マイページ)が使い難い
  • 解約金がかかる
  • 電話がつながりにくい

<HISでんきのメリット>

  • 電気ガスのセット割り
  • 旅行代金の割り引き
  • あんしんサポート365
  • ポイント還元(Skywalker Card)

<HISでんきのデメリット>

  • 解約金あり
  • 料金プラン変更に手数料がかかる
  • 電気料金はそこまで安くない

以上となります。

人によっては、年間、1万円以上の電気料金の節約になります。新しい電化製品や家具が買える値段です。しかも、電気の質が変わるわけではありません。

在宅ワークで使う電気料金は、会社が負担してくれるわけではありません。

たった、5分あれば、申し込めます。HISでんきに申し込んで、無駄な損失を回避しましょう!

HISでんき公式サイトへ

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

各地域電力エリアの料金ランキング解説記事です。

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

- END -

-新電力