Looopでんきの評判と口コミ!一人暮らしと20A契約は要注意

2021年5月22日

Looopでんきの評判と口コミ!一人暮らしと20A契約は要注意
節約家

最近は、在宅ワークが多いから、電気代が高騰してる。

電力会社って実は選べるらしいじゃん・・・

Looopでんきが、おすすめって友達から聞いた。

実際、どうなの??

新電力会社って数が多すぎて、違いがよく分からない!

では、新電力各社について、調べ尽くしたわたしが、これらのことを徹底解説します!

  • Looopでんきを使うべき人
  • Looopの評判と口コミ
  • Looopのメリットとデメリット
  • 同業他社との比較

この記事を最後まで読んで頂ければ、あなたがLooopでんきを選ぶべきか、正しい判断が下せます!

Contents

Looopでんき(ループでんき)の基本情報

Looopでんきは、「新電力会社」の1社です。

従来の電力会社(東京電力など)に代わり、低料金で環境に配慮した電力供給を実現しています。

運営会社株式会社Looop(ループ)
設立2011年
契約者数30万人以上
主な運営事業・太陽光発電システムの開発
・販売 ・電力の買取、卸売、小売
・自社発電所の開発・運営
初期費用0円
基本料金0円
解約金0円
契約者数30万件以上
サービス提供エリア全国
一般家庭向け料金プランおうちプラン
申込時必要なもの・検針票 (電気料金領収証)
※提出は不要、情報入力のみ
・クレジットカード
支払い方法クレジットカードのみ
銀行口座振替は不可
開通工事の立ち合い不要
現在の電気会社への
解約連絡
不要

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

Looopでんきを使うべき人:一人暮らし20A契約は要注意!

Looopでんきを使うべき人は・・・

2人暮らし以上で節電してない人!
ただし、東北、沖縄以外

Looopでんきに切り替えれば、電気料金は、必ず安くなります。

Looopでんきは、初期費用も違約金もゼロなので、損することはありません。

逆に、一人暮らしの人は注意が必要です!

使うべき人:二人暮らし以上の人(東北、沖縄以外)

2人以上で暮らしている人は、ストイックに節電していない限り、得をします。

例えば、2人暮らしの場合、このようなケースが平均です。

  • 電気利用量:300kWh
  • 契約アンペア:30A

Looopでんきと東京電力を比較すると・・・

電気料金(税込)月間年間
東京電力8,010円96,120円
Looopでんき7,920円95,040円
Looopでんきのお得額90円1,080円

4人暮らし(50A、400kWh)の場合を比較すると・・・

電気料金(税込)月間年間
東京電力11,639円139,668円
Looopでんき10,560円126,720円
Looopでんきのお得額1,079円12,948円
節約家

年間、ざっくり1万3千円は大きいね!

東京電力エリアで、30A契約の場合、電気利用量に応じた料金はこちらの通りになります。

電気利用量
(kWh)
東京電力の料金
(月間)
Looopでんきの料金
(月間)
Looopでんきのお得額
1002,846円2,640円月間206円
年間2,472円
200
(1人暮らし平均)
5,362円5,280円月間82円
年間984円
300
(2人暮らし平均)
8,010円7,920円月間90円
年間1,080円
400
(4人暮らし平均)
11,067円10,560円月間507円
年間6,084円
50014,124円13,200円月間924円
年間11,088円
60017,181円15,840円月間1,341円
年間16,092円

東北・沖縄エリアの場合は、30A契約の平均利用量(300kWh)だと損をするので注意が必要です!

電気料金(税込)月間年間
東北電力7,779円93,348円
Looopでんき7,920円95,040円
Looopでんきの損する額1,41円1,692円
電気料金(税込)月間年間
沖縄電力8,055円96,660円
Looopでんき8,100円97,200円
Looopでんきの損する額45円540円
節約家

契約アンペアってどうすれば分かるの?

電気料金の検針票を見るのが間違いないですが、ブレーカー装置にも書いてあります。

要注意!一人暮らし20A契約

特に1ルームの人に多いですが、20A契約の人は、注意が必要です。

こちらの評判・口コミにもある通りです。

電力自由化で電気契約の営業が来るんだな。
「Looopでんきは基本料金が0円ですよ」って話を聞いたから調べてみたけど、電力量料金が一律だから使用量が少ないとむしろ高くなるという。
"20A契約で毎月120kWh程度しか使わない"場合は、電力自由化は関係のない話なのかもしれないな。

Twitter

東京電力エリアで、20A契約の場合、350kWh以上電気を使わないと損をします。

節約家

2人暮らしの平均以上使わないといけないね・・・

はい。さらに、20Aで、同時に電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるはずです・・・!

これらの条件で、東京電力と、Looopでんきの電気料金を比較してみましょう。

  • 20アンペア契約
  • 一人暮らしの平均利用量(200kWh)
電気料金(税込)月間年間
東京電力5,076円60,912円
Looopでんき5,280円63,360円
Looopでんきの損する額204円2,448円

ちなみに、一般家庭でも、料金節約のためアンペアを引き下げている人がいます。注意が必要です。

電気の自由化とのことで、今更、比べてみた
北電と、LOOOP電気と、親指でんき、楽天電気。安くなるのか!
と思いきや、うちは、あまり変わらなかった。
契約が20Aだと、そんなに変わらないようだ。
普通の家庭は、30Aだから、きっと、違いが出ると思う

Twitter
節約家

不安な人は、奥さんに相談してからだね・・・!

20A契約の電気利用量ごとの料金比較

20Aの場合の料金を、比較計算しました。

損益が分岐するところが、90A→100A、340A→350Aです。

電気利用量(kWh)東京電力の料金
(月間)
Looopでんきの料金
(月間)
Looopでんきのお得額
501,566円1,320円月間246円
年間2,952円
902,361円2,376円月間-14.8円(損)
年間-178円(損)
1002,560円2,640円月間-80円(損)
年間-960円(損)
2005,076円5,280円月間-204円(損)
年間-2,448円(損)
3007,724円7,920円月間-196円(損)
年間-2,352円(損)
3408,947円8,976円月間-29.2円(損)
年間-350円(損)
3509,253円9,240円月間12.5円
年間150円
40010,781円10,560円月間221円
年間2,652円
50013,838円13,200円月間638円
年間7,656円
Looopでんきの20Aの料金シミュレーション(350kwh)
引用元:Looopでんき公式サイト

損得が、微妙なラインの人は、Looopでんきのサイトで料金シミュレーションをしてみて下さい。

Looopでんき公式サイトへ

節約家

20A契約で損する人はどうすればいいの?

電気利用量や契約アンペアに関係なく、必ず得をする料金体系の電力会社があります。

ソフトバンクの「おうちでんき」です。

  • 従量料金は、地域電力会社より約1%お得
  • ソフトバンク回線1回線で毎月110円お得

【関連記事】ソフトバンクでんきの特徴や評判・口コミを解説しています。

関連記事
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】

続きを見る

ただし、北陸電力エリアと、九州電力エリアは対象外なのでご注意下さい。

Looopでんきの評判と口コミ

Looopでんきの良い評判と口コミ

良い評判と口コミまとめ

  • ①電気料金が下がった
  • ②節電イベントでAmazonギフト券もらえた
  • ③手続きがWEBで簡単にできた
  • ④時間帯別の電気利用量グラフが便利
  • ⑤地域電力会社と料金比較できるAPLが便利

良い評判と口コミ①:電気料金が下がった

物件の共用部の電力
東京電力からLooopでんきに変更したら、料金が半額になった
基本料金がないのはありがたいね
月たった500円かもしれないけど、年間で6,000円の削減は素敵

Twitter

電気代の比較
・2020年3月:332kWh 10,979円(ほくでん)
・2021年3月:336kWh 9,740円(Looop)
電力使用量はほぼ同じだったけど、Looopの方が1200円以上安かったです。

Twitter

looop電気にしたら電気代月に1500円くらい下がった

Twitter

LOOOP電気 2021年3月分 5,953円。
去年、関西電力では10,201円でした。
在宅の日もあったのですが、節約できてます。

Twitter

電気代を安くする方法
結論:12ヶ月で電力会社の見直しを
理由:新規参入多発のため
我が家は76㎡・3人・1月分220kWh
50A・月額6,399円と過去最高額。
「Looopでんき」で契約中
基本料0円なので、エアコン・食洗機・浴室乾燥など、電力を多く消費する家庭(50~60A)には賃貸・持ち家問わずオススメ。

Twitter

良い評判と口コミ②:Amazonギフト券もらえた

Looopでんきはたまに節電イベントやってて、なんとなーく意識して節電するとそれなりーなAmazonギフト券くれるの好き

Twitter
Looopでんき節電イベントでAmazonギフト券
引用元:Twitter

Looopでんき様からAmazonギフト券が届きました
テスラに乗り換えてたタイミングでLooopでんき+EV割にしたけどお得感が半端ない

Twitter

良い評判と口コミ③:手続きがWEBで簡単

昨日電力会社を、東北電気からLooopでんきに乗り換えました。
試算上では年間1万円は得なはず…!
『1年で1万円か~』って思うかもですが、手続きがweb上で入力作業を5分くらいやるだけ
コスパの良い節約はガンガンやってかないとね
次はドコモから格安SIM乗り換えに挑戦!!(大げさか(笑))

Twitter

良い評判と口コミ④:時間帯別の電気利用量グラフが便利

今月からLooop電気にしてみました。
1週間の24時間電気使用グラフが面白いです。
基本的に三食の準備時間に使用量が上がるところから、IHヒーターの電力消費が一番大きいのだとわかります。
テイクアウトや朝食シリアル、外出時に電力消費が減るのも頷けます。

Twitter
Looopでんき1週間24時間の電気使用量グラフ
引用元:Twitter

良い評判と口コミ⑤:地域電力会社と料金比較できるAPLが便利

◆左遷で収入激減の僕がしたこと① 電力会社の見直し
東京電力→looopでんきに変えました
looopの良いところは、アプリで東京電力対比どれくらい節約になってるか一目瞭然で分かること。画像ご参照
楽天と迷いましたが、当時楽天経済圏入りしていなかったのでlooopにしました

Twitter
Looopでんき東京電力との比較画面
引用元:Twitter

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

Looopでんきの悪い評判と口コミ

悪い評判と口コミまとめ

  • ①利用実績を確認するWEBサイトが見にくい
  • ②キャンペーンで電気の無駄使いをすすめられた
  • ③顧客対応が悪かった

悪い評判と口コミ①:WEBサイトが見にくい

Looop電気にして初めてマイページ見たけど、なかなか見にくい。
使った電気量が知りたいのに日付ごとの時間別の使用量のグラフが載ってる。
やはり車の充電以外の電気はほぼかかってない感じ

Twitter

悪い評判と口コミ②:キャンペーンで電気の無駄使いを推奨

Looopでんき、キャンペーンでムダに電気を使えって… これって、どうなんでしょうか?
まだ、この前、電気の需要大で、新電力がえらいことになったのに…(*_*)

Twitter
Looopでんき在宅応援キャンペーン
引用元:Twitter

looopでんきのキャンペーンが微妙だ…なんで減らすよりたくさん使うことを推奨するんだ…

Twitter

悪い評判と口コミ③:顧客対応が悪かった

この4年間で
東京電力→Looopでんき→楽天でんき→エルピオでんきを試してみた。
どれも東電よりはお安く助かる。
顧客対応が一番悪かったのはLooopでんき。
楽天でんきは可もなく不可もなく、楽天ポイント貰える。
エルピオが一番グラフが細かく分析しやすい。
電力ジプシーと呼んでください

Twitter

Looopでんきと地域電力会社の料金比較

Looop電気の料金計算方法

Looopでんきの一般家庭向けプランである「おうちプラン」のエリア別料金表です。

エリアによって、電気利用量(1kWh)に応じた料金単価が異なります。

エリア基本料金従量料金(税込)
北海道電力0円29.5円/kWh
東北電力0円26.4円/kWh
東京電力0円26.4円/kWh
中部電力0円26.4円/kWh
北陸電力0円21.3円/kWh
関西電力0円22.4円/kWh
中国電力0円24.4円/kWh
四国電力0円24.4円/kWh
九州電力0円23.4円/kWh
沖縄電力0円27.0円/kWh

例えば、東京電力エリアで、500kWh使った月の料金計算です。

電気料金=500×26.4=13,200円(税込)

Looop電気の料金体系は、この2つの特徴があります。

  • 契約アンペアによる、基本料金がない
  • 電気の利用量に関わらず、電力単価が定額

地域電力会社の料金計算方法

東京電力の一般家庭の契約は、このようになっています。

<基本料金>

契約アンペア(A)基本料金(税込)
20572円
30858円
401,144円

<従量料金>

電気利用量電力単価
(kWhあたり税込)
1~120kWh19円88銭
120~300kWh26円48銭
300kWh~30円57銭

例えば、30A契約で、500kWh使った月の料金は、このように計算できます。

電気料金=858円(基本料金)
+120×19.88(120kwhまでの従量料金)
+180×26.48(300kWhまでの従量料金)
+200×30.57(300kWh超の従量料金)
=13,838円(税込)

Looop電気の月間13,200円よりも、月間638円、年間7,656円高いです。

地域電力会社の料金体系は、この2つの特徴があります。

  • 契約アンペアが増えると、基本料金が高くなる
  • 電気の利用量が増えると、電力単価が高くなる

地域電力会社の料金体系は、エリアや契約形態によって異なりますが、 上記特徴は変わりません。

東京電力とLooopでんきの料金体系のイメージの違いは、こちらの通りです。

Looopでんきと地域電力会社の料金シミュレーション比較

世帯人数別・地域電力エリア別の料金比較

続いて、世帯人数別に、下記の平均モデルに応じた、電気料金を比較・計算します。

<世帯人数別の平均モデル>

世帯人数契約アンペア
(瞬間最大使用量)
電力使用量(月間)
1人世帯30A200kWh
2人世帯30A300kWh
3人世帯40A350kWh
4人世帯50A400kWh

1人世帯の料金比較:30A、200kWh

Looopでんき地域電力会社
北海道70,800円
年間:5,040円お得
75,840円
東北63,360円
年間:408円損
62,952円
東京63,360円
年間:984円お得
64,344円
北陸51,120円
年間:4,140円お得
55,260円
中部63,360円
年間:1,716円お得
65,076円
関西53,760円
年間:600円お得
54,360円
中国58,560円
年間:2,028円損
56,532円
四国58,560円
年間:828円損
57,732円
九州56,160円
年間:1,812円お得
57,972円
沖縄64,800円
年間:2,328円損
62,472円

2人世帯の料金比較:30A、300kWh

Looopでんき地域電力会社
北海道106,200円
年間:6,840円お得
113,040円
東北95,040円
年間:1,692円損
93,348円
東京95,040円
年間:1,080円お得
96,120円
北陸76,680円
年間:4,656円お得
81,336円
中部95,040円
年間:648円お得
95,688円
関西80,640円
年間:4,572円お得
85,212円
中国87,840円
年間:1,620円お得
89,460円
四国87,840円
年間:2,180円お得
90,120円
九州84,240円
年間:1,404円お得
85,644円
沖縄97,200円
年間:540円損
96,660円

3人世帯の料金比較:40A、350kWh

Looopでんき 地域電力会社
北海道123,900円
年間:13,620円お得
137,520円
東北110,880円
年間:3,996円お得
114,876円
東京110,880円
年間:7,020円お得
117,900円
北陸89,460円
年間:8,844円お得
98,304円
中部110,880円
年間:5,316円お得
116,196円
関西94,080円
年間:8,352円お得
102,432円
中国102,480円
年間:4,716円お得
107,196円
四国102,480円
年間:5,940円お得
108,420円
九州98,280円
年間:6,564円お得
104,844円
沖縄113,400円
年間:1,536円お得
114,936円

4人世帯の料金比較:50A、400kWh

Looopでんき地域電力会社
北海道141,600円
年間:20,400円お得
162,000円
東北126,720円
年間:9,684円お得
136,404円
東京126,720円
年間:12,948円お得
139,668円
北陸102,240円
年間:13,032円お得
115,272円
中部126,720円
年間:9,984円お得
136,704円
関西107,520円
年間:12,132円お得
119,652円
中国117,120円
年間:7,812円お得
124,932円
四国117,120円
年間:9,600円お得
126,720円
九州112,230円
年間:11,724円お得
124,044円
沖縄129,600円
年間:3,624円お得
133,224円

料金計算時の注意事項

  • 比較した料金は、Looopでんきの「おうちプラン」と、地域電力会社の一般家庭向けプラン(従量電灯)の年間・税込です。
  • 「再エネ発電賦課金」と「燃料費調整金」(両方合わせて1,000円~2,000円程度)は、含めていません。地域電力会社と新電力各社が、同額なことと、時期によって変動するためです。

各地域電力エリアの電気料金の詳しい計算方法や、各エリアにおける電力会社の料金ランキングは、こちらの記事をご覧下さい。

<地域電力エリアの料金ランキング解説記事>

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

Looopでんきのメリットとデメリット

メリットデメリット
・初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ
・手続きが簡単
・トラブル時の駆けつけサービス無料
・電気・ガスのセットプランあり
・支払いはクレジットカードのみ
・利用明細はWEBのみ
・ポイント還元なし
・オプションサービスが東京電力エリアのみ

どの新電力会社も、メリットとデメリットがあります。

複数社を比較・検討したい方は、こちらの記事をご確認下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】

続きを見る

Looopでんきのメリット

メリット①:初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ

Looopでんきの最大のメリットは、料金体系がシンプルで、これらが必要ないことです。

  • 初期費用
  • 基本料金
  • 解約違約金

さらに、利用料も、使った電気利用量に、単純に比例するだけ・・・

既に説明した通り、地域の電力会社にように、料金単価が段階式ではありません。

メリット②:手続きが簡単

手続きに必要なのは、この2つだけです。

  • 現在契約中の電力会社の検針票
  • クレジットカード

Looopガスも同時に申込む場合は、ガスの検針票も必要です。

申込登録は、この3STEPです。

  1. 現在の契約内容の入力
  2. 申込者情報の入力
  3. 支払い情報の入力

なお、申込が完了すると、2週間程度で、ハガキと専用WEBページで、電気供給開始日の連絡があります。

おおよそ、申込から1ヶ月程度で、切り替えが完了します。

立ち合いなどは、一切必要ありません。

現在、契約中の電力会社の解約は、Looop電力が代行してくれます。

節約家

やることって・・・

本当にWEB申込だけだね!

メリット③:トラブル時の駆けつけサービス無料

Looopでんきでは、停電してしまった際や、ブレーカーの調子が悪い時の駆けつけサービスが無料で利用できます。

通常、他社では、これくらいの費用がかかります。

平日・日中9,000円
夜間・休日13,000円

Looopでんきでならば、無料で駆けつけサービスを受けることができます。

Looopでんきの駆けつけサービス
引用元:Looopでんき公式サイト

ただし、対象エリアが、東京電力エリアに限定されます。

メリット④:電気・ガスのセットプランあり

Looopでんきは、ガスも提供しています。

同時に申込むと、電気料金が安くなります。

1kWhあたり、0.4円安くなります。

500kWhで比較してみると・・・

  • Looopでんきのみ:500×26.4=13,200円
  • ガスのセット割:500×26=13,000円

月間200円、年間2,400円安くなります!

ただし、対象エリアが、東京電力エリアに限定されます。

Looopでんきは、ガスのセット割以外にも、各種オプションサービスを用意しています。

Looopでんきの各種オプションサービス
引用元:Looopでんき公式サイト

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

Looopでんきのデメリット

デメリット①:支払いはクレジットカードのみ

地域電力含む他の電力会社は、銀行引き落としやコンビニ払いにも対応しているところが多いです。

Looopでんきは、クレジットカード払いのみです。

こんな方には向いていません。

  • そもそも、クレジットカードを持ってない
  • クレジットカードの限度額が低い

利用できるクレジットカードは、この5種類です。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • DinersClub
  • JCBカード

銀行口座振替を希望する方は、こちらの電力会社をご検討下さい。

デメリット②:利用明細はWEBのみ

Looopでんきは、利用明細、検針票を紙で受け取りたい人、保管しておきたいには向いていません。

ただし、保管しておかなくても、WEBでダウンロードできるので、むしろ便利という評判・口コミもありました。

Looopでんき、一度に今までの請求書ダウンロード可能って最高か???

Twitter

デメリット③:ポイント還元なし

他の新電力会社では、利用料金100円ごとに1ポイント付与などの特典があるところがあります。

Looop電力では、ポイント付与やキャッシュバックなどのサービスはありません。

キャッシュバックを希望する方は、こちらの電力会社をご検討下さい。

エルピオでんき
>解説記事へ
申込時のキャッシュバック実施中
(40A契約で8,000円分)
ソフトバンクでんき
>解説記事へ
電気料金2か月無料キャンペーン実施中

デメリット④:オプションサービスが東京電力エリアのみ

既に説明した、Looopでんきのこの2つのサービスは、現状は、東京電力管内のみです。

  • ガスのセット割
  • 無料駆けつけサービス

今後、拡充される可能性はありますが、現時点では、東京エリアが優遇されています。

ガスのセット割は、他社もほとんどが東京電力エリアのみです。

東京電力エリア以外で、無料駆けつけサービスを受けたい方は、これらの電力会社をご検討下さい。

Looopでんき以外の新電力会社との比較

Looopでんき以外の電力会社を含めた、各社の比較結果をまとめます。

本記事では、結果だけまとめています。詳しくは、こちら↓のランキング記事や、各社の解説記事、各エリアのランキング記事(のちほど紹介します)をお読み下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】

続きを見る

新電力各社のメリットとデメリット

メリットデメリット
Looopでんき・料金プランが分かり易い
・駆けつけサービス無料
・電気ガスのセットプランあり
・支払いはクレジットカードのみ
・オプションサービスが東京エリアのみ
ジャパン電力
>解説記事へ
・料金体系がシンプル
・電気を多く使うほど得
・オプションサービスなし
・キャンペーンなし
・オール電化未対応
エルピオでんき
>解説記事へ
・キャッシュバックあり
・電気ガスのセット割
・駆けつけサービス無料
・料金プランが分かりにくい
・30A未満のプランなし
リミックスでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・ビットコイン投資プランあり
・30A未満のプランなし
・電気ガスのセット割なし
あしたでんき
>解説記事へ
・料金プランが分かり易い
・東京電力グループで安心
・支払いはクレジットカードのみ
・対応エリアが狭い
・電気ガスのセット割なし
ソフトバンクでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・キャッシュバックあり
・ソフトバンク回線利用料が割引き
・駆けつけサービス無料
・解約違約金あり
・電気ガスのセット割なし

電力エリア/世帯人数ごとの電気料金お得額第1位

1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯
北海道電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
東北電力エリアリミックスでんきリミックスでんきジャパン電力ジャパン電力
東京電力エリアリミックスでんきエルピオでんきエルピオでんきジャパン電力
北陸電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
中部電力エリアリミックスでんきリミックスでんきジャパン電力ジャパン電力
関西電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきジャパン電力ジャパン電力
中国電力エリアリミックスでんきエルピオでんきエルピオでんきエルピオでんき
四国電力エリアリミックスでんきリミックスでんきジャパン電力ジャパン電力
九州電力エリアエルピオでんきリミックスでんきジャパン電力ジャパン電力
沖縄電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんき
※地域電力エリア名は、各地域の料金ランキング解説記事にリンクしています
節約家

Looopでんきがないっ!!!!

はい。。

実は、電気料金だけを純粋に比べると、Looopでんきよりもお得な電力会社があります。

ただし、様々な条件によって、順位が変動します。

例えば、これらのように・・・

  • 東京エリアで、電気ガスのセット割を使えば、Looopでんきが有利
  • ソフトバンクの回線ユーザーじゃなければ、Looopでんきが有利

ぜひとも、ご自身の電力エリアの料金ランキングをご確認下さい!!

<地域電力エリアの料金ランキング解説記事>

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

Looopでんきの利用の流れ

Looopでんき利用の流れ
引用元:Looopでんき公式サイト
  • 申込手続き(5分程度)
  • 旧電力会社への契約解除手続き(1週間程度)
  • 電力切り替え日の連絡(2週間程度)
  • 電力供給開始(1ヶ月程度)
  • 電気料金の初回決済

STEP①:申込手続き(5分程度)

Looopでんきへの申込手続きに必要なものは、この2つです。

  • 電気料金の領収書(検針票)
  • クレジットカード

これらの情報を、5分程度で入力するだけです。

  1. 現在の契約内容の入力
  2. 申込者情報の入力
  3. 支払い情報の入力

申込手続きが完了したら、あとは、電力の切り替えを待つだけです。

STEP②:旧電力会社への契約解除手続き(1週間程度)

申込から1週間程度で、旧電力会社への契約解除手続きが行われます。

と言っても、あなたがやることは何もありません。

Looopでんきが、代わりに、手続きを行ってくれます。

STEP③:電力切り替え日の連絡(2週間程度)

申込から2週間程度で、Looopでんきから、電力切り替え日の連絡があります。

自宅にハガキが届きます。

Looopでんきのマイページでも確認することができます。

連絡がきてから、電力切り替え日までの間に、スマートメーターの設置工事が行われます。

節約家

スマートメーターってなに?

ぼくは、なんか、しないといけないの?

スマートメーターは、あなたの家と、電力会社の会社で、電力使用量を通信するメーターです。

以前のように、電力会社の社員が、訪問しなくてよくなっています。

実は、既に設置されている住居が多く、その場合、工事不要です。

工事が必要でも、立ち合いは不要なので、あなたがやることは何もありません。

STEP④:電力供給開始(1ヶ月程度)

いよいよ、Looop電力からの電力供給開始です。

と言っても、それをあなたは、実感することは決してありません。

なぜなら、これまで同様、電力は地域の電力会社から供給されるからです。

電力の供給が不安定になったり、電力量が低下したりすることは決してありません。

節約家

そうなんだ!

Looopできんが発電した電力を、地域の電力会社に販売しているだけです。

利用者は、間接的に、Looopでんきの電力を使っています。

電気を供給する設備や責任は、地域の電力会社にあります。

STEP⑤:電気料金の初回決済

電力切り替え後の初回の締め日に、電力を支払う会社が切り替わります。

締め日に、電気料金が計算され、クレジットカードの決済日に初回決済が行われます。

Looopでんきでは、電気料金をWEB上で確認することができます。

これらを確認することができるようになります。

  • 時間帯別の電気利用量
  • 地域電力会社との比較

毎月確認して、電気代の節約につなげましょう!

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

Looopでんきへの素朴な疑問~Q&A集~

Q:マンションに住んでいても利用できる?

A:できます。

個別に電力会社と契約していればできます。

マンション一括契約の場合は、個人の判断ではできません。

Q:停電の可能性が高くなったりしない?

A:しません。

発電、送電、停電時の対応を担うのは、これまで通り、地域の電力会社です。

Looop電力が、地域の電力会社に提供した電力を、間接的に、契約者へ供給しています。

仮に、Looop電力の、発電量が減っても、停電することはないです。

電気は、ライフラインなので、法律で、地域の電力会社による提供が保障されています。

災害などにより、特定エリアが停電する可能性はありますが、従来と変わりません。

なお、電気の品質も変わりません。

電気が暗くなることはあり得ません。

Q:解約したいときはどうすればいい?

A:単純解約は、電話連絡をお願いします。
電力会社を切り替える場合は、別会社へ申し込んで下さい。

例えば、マンションから実家へ引っ越す単純解約の場合、Looopでんきのカスタマーセンター(0120-707-454)へ連絡して下さい。

他の電力会社に切り替える場合は、Looopでんきへの連絡は不要です。

切り替える電力会社が連絡してくれます。

Q:契約期間は?契約更新は、1ヶ月ごと?1年ごと?

A:契約期間は、1年で、1年ごとに更新されます。

ただし、契約期間中の途中解約が可能で、違約金や手数料はかかりません。

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

まとめ:Looopでんきの評判と口コミ

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Looopでんきのまとめと振り返り

<Looopでんきの良い評判と口コミ>

  • ①電気料金が下がった
  • ②節電イベントでAmazonギフト券もらえた
  • ③手続きがWEBで簡単にできた
  • ④時間帯別の電気利用量グラフが便利
  • ⑤地域電力会社と料金比較できるAPLが便利

<Looopでんきの悪い評判と口コミ>

  • ①利用実績を確認するWEBサイトが見にくい
  • ②キャンペーンで電気の無駄使いをすすめられた
  • ③顧客対応が悪かった

<Looopでんきのメリット>

  • 初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ
  • 手続きが簡単
  • トラブル時の駆けつけサービス無料
  • 電気・ガスのセットプランあり

<Looopでんきのデメリット>

  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 利用明細はWEBのみ
  • ポイントサービスなし
  • オプションサービスが東京電力エリアのみ

以上となります。

供給される電気に質が高い、低いはありません。

全く同じ電気が供給されるならば、なるべく安い電力会社を選びましょう。

得をした分で、固定費を下げることができます。

生活を豊かにすることができます!

\契約者数30万人突破!/

Looopでんき公式サイトへ

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング6【世帯・エリア別比較】

続きを見る

各地域電力エリアの料金ランキング解説記事です。

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

- END -

-一人暮らしライフハック