Looopでんき(ループ電気)の評判と口コミ【一人暮らしと20A契約は注意】

2021年5月22日

Looopでんき(ループ電気)の評判と口コミ【一人暮らしと20A契約は注意】
独身貴族

電気料金、また上がったみたいじゃん!

最近は、在宅ワークが多いから、電気代が高騰してる。

電力会社って実は選べるみたいだね・・・

Looopでんきが、おすすめって友達から聞きました。

利用を検討したいから、色々教えて!

Contents

Looopでんき(ループ電気)とは

Looopでんきの基本情報

Looopでんきは、「新電力会社」の1社です。

従来の電力会社(東京電力など)に代わり、低料金で環境に配慮した電力供給を実現しています。

運営会社株式会社Looop(ループ)
設立2011年
主な運営事業・太陽光発電システムの開発
・販売 ・電力の買取、卸売、小売
・自社発電所の開発・運営
初期費用0円
基本料金0円
解約金0円
契約者数30万件以上
サービス提供エリア全国
一般家庭向け料金プランおうちプラン
申込時必要なもの・検針票 (電気料金領収証)
※提出は不要、情報入力のみ
・クレジットカード
支払い方法クレジットカードのみ
銀行口座振替は不可
開通工事の立ち合い不要
現在の電気会社への
解約連絡
不要

2016年までは、一般家庭では、電力会社を選択することはできませんでした。

地域により利用できる電力会社は決まっていました。

  • 東京:「東京電力」
  • 大阪:「関西電力」

2016年の「電力完全自由化」により「新電力会社」にも電力の売買が解禁されました。

少しでも、電気料金を下げたい多くの利用者が、新電力会社に切り替えています。

新電力会社は、ソーラーパネルを設置して、自家発電をし、電力を買い取ってもらうこともできます。

本記事では、まずは、現状の電気料金を下げたい方に向けて、Looopでんきの評判や利用方法などを説明していきます。

独身貴族

よろしく!

賃貸マンションだから、発電は無理です・・・



Looopでんきの評判と口コミ

Looopでんきの良い評判と口コミ

良い評判と口コミまとめ

  • ①電気料金が下がった
  • ②節電イベントでAmazonギフト券もらえた
  • ③手続きがWEBで簡単にできた
  • ④時間帯別の電気利用量グラフが便利
  • ⑤地域電力会社と料金比較できるAPLが便利

良い評判と口コミ①:電気料金が下がった

良い評判と口コミ②:Amazonギフト券もらえた

https://twitter.com/waka_kabu/status/1387624185850056706?s=20

良い評判と口コミ③:手続きがWEBで簡単

良い評判と口コミ④:時間帯別の電気利用量グラフが便利

良い評判と口コミ⑤:地域電力会社と料金比較できるAPLが便利



Looopでんきの悪い評判と口コミ

悪い評判と口コミまとめ

  • ①利用実績を確認するWEBサイトが見にくい
  • ②キャンペーンで電気の無駄使いをすすめられた
  • ③顧客対応が悪かった

悪い評判と口コミ①:WEBサイトが見にくい

悪い評判と口コミ②:キャンペーンで電気の無駄使いを推奨

悪い評判と口コミ③:顧客対応が悪かった

Looopでんきを使うべき人~一人暮らし20Aは要注意~

いま30アンペア以上の契約ならお得

30アンペア以上で契約している人は、料金体系上、基本的に得をします。

Looopでんきの料金体系は、地域電力会社の30アンペア契約より、安くなるよう設計されています。

電気利用量は、kWhという単位が使われます。

電気利用量は、月間、これくらいが平均です。

  • 一人暮らし:200kWh
  • 3人世帯:500kWh

東京電力で30A契約の場合、Looopでんきに切り替えた場合の金額を比較すると・・・

<一人暮らし:200kWh>

東京電力の料金(月間)5,362円(税込)
Looopでんきの料金(月間)5,280円(税込)
Looopでんきに変えた時のお得額月間82円
年間984円

<3人世帯:500kWh>

東京電力の料金(月間)14,124円(税込)
Looopでんきの料金(月間)13,200円(税込)
Looopでんきに変えた時のお得額月間924円
年間11,088円

※上記以外に、「再エネ発電賦課金」、「燃料費調整金」がかかります。200kWhは700円くらい、500kWhは1,800円くらい。時期、エリア、契約によって変化することと、各電力会社共通なので、省略しています。

ちなみに、東京電力で30A契約の場合、利用量に関わらず、必ず得をします。

詳しい計算方法や、平均以外の、電気利用量の比較については、のちほど説明します。

独身貴族

30Aでも、一人暮らしで、電気利用量が平均くらいだと、あまりメリットないね・・・

でも、ぼくは、夏・冬は、余裕で1万円超えるから、得するわ。。

いま20アンペア契約の場合、損をする可能性大

独身貴族

20アンペアで契約してると損するの?

これに当てはまる人は、損をします。

月間の電気利用量が、90kWh~340kWh

こちらも、詳しい計算方法と、利用量毎の比較表は、のちほど説明します。

独身貴族

思いっきり、一人暮らし平均の前後100くらいだね・・・

逆に言うと、このどちらかに当てはまる人は得をします。

  • 節電している人:月間利用料の目途2,000円以下
  • 電気を多く使っている人:月利用料の目途1万円以上

こちらの評判・口コミにもある通りです。

30アンペアの時と同様に、20アンペア契約の場合の東京電力と、Looopでんきで、電気料金を比較してみます。

<一人暮らし:200kWh>

東京電力の料金(月間)5,076円(税込)
Looopでんきの料金(月間)5,280円(税込)
Looopでんきに変えた時に損する額月間204円 年間2,448円
注:損する額です

<3人世帯:500kWh>

東京電力の料金(月間)13,838円(税込)
Looopでんきの料金(月間)13,200円(税込)
Looopでんきに変えた時のお得額月間638円
年間7,656円
独身貴族

20A契約で、500kWh使うと、ブレーカーが落ちるよね・・・

はい、、ですので、恐らく、少数派だと思います。

30Aの時と比較するために、計算してみました。

一般家庭でも、料金節約のためアンペアを引き下げている人もいます。

ちなみに、20Aから30Aに引き上げたい人が、Looopでんきに切り替えるのはありです。

Looopでんきを使うと得になる人をまとめると・・・

  • 30アンペア以上で契約してる人
  • 20アンペア契約で、ストイックに節電してる人(2,000円以下)
  • 20アンペア契約で、電気を多く使っている人(1万円以上)

微妙なラインの人は、Looopでんきのサイトで料金シミュレーションをしてみて下さい。



Looopでんきと地域電力会社の料金シミュレーション比較

Looopでんきと地域電力会社の料金シミュレーション比較

Looop電気の料金計算方法

Looopでんきの一般家庭向けプランである「おうちプラン」のエリア別料金表です。

エリアによって、電気利用量(1kWh)に応じた料金単価が異なります。

エリア基本料金従量料金(税込)
北海道電力0円29.5円/kWh
東北電力0円26.4円/kWh
東京電力0円26.4円/kWh
中部電力0円26.4円/kWh
北陸電力0円21.3円/kWh
関西電力0円22.4円/kWh
中国電力0円24.4円/kWh
四国電力0円24.4円/kWh
九州電力0円23.4円/kWh
沖縄電力0円27.0円/kWh

例えば、東京電力エリアで、500kWh使った月の料金計算です。

電気料金=500×26.4=13,200円(税込)

Looop電気の料金体系は、この2つの特徴があります。

  • 契約アンペアによる、基本料金がない
  • 電気の利用量に関わらず、電力単価が定額

地域電力会社の料金計算方法

地域や契約形態によって異なりますが、東京電力場合、このようになっています。

<基本料金>

契約アンペア(A)基本料金(税込)
20572円
30858円
401,144円

<従量料金>

電気利用量電力単価
(kWhあたり税込)
1~120kWh19円88銭
120~300kWh26円48銭
300kWh~30円57銭

例えば、30A契約で、500kWh使った月の料金は、このように計算できます。

電気料金=858円(基本料金)
+120×19.88(120kwhまでの従量料金)
+180×26.48(300kWhまでの従量料金)
+200×30.57(300kWh超の従量料金)
=13,838円(税込)

Looop電気の月間13,200円よりも、月間638円、年間7,656円高いです。

地域電力会社の料金体系は、この2つの特徴があります。

  • 契約アンペアが増えると、基本料金が高くなる
  • 電気の利用量が増えると、電力単価が高くなる

各地域の電力料金の計算方法は、各地域の電力会社の公式サイトをご確認下さい。

契約アンペアと電力量ごとの料金シミュレーション比較

30A契約の比較表~東京電力 vs Looopでんき~

100kWhごとの料金を、比較計算しました。

電気利用量
(kWh)
東京電力の料金
(月間)
Looopでんきの料金
(月間)
Looopでんきのお得額
1002,846円2,640円月間206円
年間2,472円
2005,362円5,280円月間82円
年間984円
3008,010円7,920円月間90円
年間1,080円
40011,067円10,560円月間507円
年間6,084円
50014,124円13,200円月間924円
年間11,088円
60017,181円15,840円月間1,341円
年間16,092円
70020,238円18,480円月間1,758円
年間21,096円
80023,295円21,120円月間2,175円
年間26,100円
独身貴族

一人暮らしでも、節電せずに、夏・冬エアコン生活だと、得するね。。

家族暮らしなら、間違いなく得するよね・・・

20A契約の比較表~東京電力 vs Looopでんき~

20Aの場合の料金を、比較計算しました。

損益が分岐するところが、90A→100A、340A→350Aです。

電気利用量(kWh)東京電力の料金
(月間)
Looopでんきの料金
(月間)
Looopでんきのお得額
501,566円1,320円月間246円
年間2,952円
902,361円2,376円月間-14.8円(損)
年間-178円(損)
1002,560円2,640円月間-80円(損)
年間-960円(損)
2005,076円5,280円月間-204円(損)
年間-2,448円(損)
3007,724円7,920円月間-196円(損)
年間-2,352円(損)
3408,947円8,976円月間-29.2円(損)
年間-350円(損)
3509,253円9,240円月間12.5円
年間150円
40010,781円10,560円月間221円
年間2,652円
50013,838円13,200円月間638円
年間7,656円
Looopでんきの20Aの料金シミュレーション(350kwh)
独身貴族

現状、20A契約だと損する人が多いね・・・

Looopでんきのメリットとデメリット

メリットデメリット
・初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ
・手続きが簡単
・トラブル時の駆けつけサービス無料
・電気・ガスのセットプランあり
・支払いはクレジットカードのみ
・利用明細はWEBのみ
・ポイントサービスなし
・オプションサービスが東京電力エリアのみ

Looopでんきのメリット

メリット①:初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ

Looopでんきの最大のメリットは、料金体系がシンプルで、これらが必要ないことです。

  • 初期費用
  • 基本料金
  • 解約違約金

さらに、利用料も、使った電気量に、単純に比例するだけ・・・

既に説明した通り、地域の電力会社にように、階段式ではありません。

メリット②:手続きが簡単

手続きに必要なのは、この2つだけです。

  • 現在契約中の電力会社の検針票
  • クレジットカード

Looopガスも同時に申込む場合は、ガスの検針票も必要です。

申込登録は、この3STEPです。

  1. 現在の契約内容の入力
  2. 申込者情報の入力
  3. 支払い情報の入力

なお、申込が完了すると、2週間程度で、ハガキと専用WEBページで、電気供給開始日の連絡があります。

おおよそ、申込から1ヶ月程度で、切り替えが完了します。

立ち合いなどは、一切必要ありません。

現在、契約中の電力会社の解約は、Looop電力が代行してくれます。

独身貴族

やることって・・・

本当にWEB申込だけだね!

メリット③:トラブル時の駆けつけサービス無料

Looopでんきでは、停電してしまった際や、ブレーカーの調子が悪い時の駆けつけサービスが無料で利用できます。

通常、他社では、これくらいの費用がかかります。

平日・日中9,000円
夜間・休日13,000円

Looopでんきでならば、無料で駆けつけサービスを受けることができます。

Looopでんきの駆けつけサービス

ただし、対象エリアが、東京電力エリアに限定されます。

メリット④:電気・ガスのセットプランあり

Looopでんきは、ガスも提供しています。

同時に申込むと、電気料金が安くなります。

1kWhあたり、0.4円安くなります。

500kWhで比較してみると・・・

  • Looopでんきのみ:500×26.4=13,200円
  • ガスのセット割:500×26=13,000円

月間200円、年間2,400円安くなります!

ただし、対象エリアが、東京電力エリアに限定されます。

Looopでんきは、ガスのセット割以外にも、各種オプションサービスを用意しています。

Looopでんきの各種オプションサービス



Looopでんきのデメリット

デメリット①:支払いはクレジットカードのみ

地域電力含む他の電力会社は、銀行引き落としやコンビニ払いにも対応しているところが多いです。

Looopでんきは、クレジットカード払いのみです。

こんな方には向いていません。

  • そもそも、クレジットカードを持ってない
  • クレジットカードの限度額が低い

利用できるクレジットカードは、この5種類です。

  • Visa
  • MasterCard
  • American Express
  • DinersClub
  • JCBカード

デメリット②:利用明細はWEBのみ

Looopでんきは、利用明細、検針票を紙で受け取りたい人、保管しておきたいには向いていません。

ただし、保管しておかなくても、WEBでダウンロードできるので、むしろ便利という評判・口コミもありました。

デメリット③:ポイントサービスなし

他の新電力会社では、利用料金100円ごとに1ポイント付与などの特典があるところがあります。

Looop電力では、ポイント付与やキャッシュバックなどのサービスはありません。

デメリット④:オプションサービスが東京電力エリアのみ

既に説明した、Looopでんきのこの2つのサービスは、現状は、東京電力管内のみです。

  • ガスのセット割
  • 無料駆けつけサービス

今後、拡充される可能性はありますが、現時点では、東京エリアが優遇されています。

Looopでんきの利用の流れ

Looopでんき利用の流れ
  • 申込手続き(5分程度)
  • 旧電力会社への契約解除手続き(1週間程度)
  • 電力切り替え日の連絡(2週間程度)
  • 電力供給開始(1ヶ月程度)
  • 電気料金の初回決済

STEP①:申込手続き(5分程度)

Looopでんきへの申込手続きに必要なものは、この2つです。

  • 電気料金の領収書(検針票)
  • クレジットカード

これらの情報を、5分程度で入力するだけです。

  1. 現在の契約内容の入力
  2. 申込者情報の入力
  3. 支払い情報の入力

申込手続きが完了したら、あとは、電力の切り替えを待つだけです。

STEP②:旧電力会社への契約解除手続き(1週間程度)

申込から1週間程度で、旧電力会社への契約解除手続きが行われます。

と言っても、あなたがやることは何もありません。

Looopでんきが、代わりに、手続きを行ってくれます。

STEP③:電力切り替え日の連絡(2週間程度)

申込から2週間程度で、Looopでんきから、電力切り替え日の連絡があります。

自宅にハガキが届きます。

Looopでんきのマイページでも確認することができます。

連絡がきてから、電力切り替え日までの間に、スマートメーターの設置工事が行われます。

独身貴族

スマートメーターってなに?

ぼくは、なんか、しないといけないの?

スマートメーターは、あなたの家と、電力会社の会社で、電力使用量を通信するメーターです。

以前のように、電力会社の社員が、訪問しなくてよくなっています。

実は、既に設置されている住居が多く、その場合、工事不要です。

工事が必要でも、立ち合いは不要なので、あなたがやることは何もありません。

STEP④:電力供給開始(1ヶ月程度)

いよいよ、Looop電力からの電力供給開始です。

と言っても、それをあなたは、実感することは決してありません。

なぜなら、これまで同様、電力は地域の電力会社から供給されるからです。

電力の供給が不安定になったり、電力量が低下したりすることは決してありません。

独身貴族

そうなんだ!

Looopできんが発電した電力を、地域の電力会社に販売しているだけです。

利用者は、間接的に、Looopでんきの電力を使っています。

電気を供給する設備や責任は、地域の電力会社にあります。

STEP⑤:電気料金の初回決済

電力切り替え後の初回の締め日に、電力を支払う会社が切り替わります。

締め日に、電気料金が計算され、クレジットカードの決済日に初回決済が行われます。

Looopでんきでは、電気料金をWEB上で確認することができます。

これらを確認することができるようになります。

  • 時間帯別の電気利用量
  • 地域電力会社との比較

毎月確認して、電気代の節約につなげましょう!



Looopでんきへの素朴な疑問~Q&A集~

Q:マンションに住んでいても利用できる?

A:できます。

個別に電力会社と契約していればできます。

マンション一括契約の場合は、個人の判断ではできません。

Q:停電の可能性が高くなったりしない?

A:しません。

発電、送電、停電時の対応を担うのは、これまで通り、地域の電力会社です。

Looop電力が、地域の電力会社に提供した電力を、間接的に、契約者へ供給しています。

仮に、Looop電力の、発電量が減っても、停電することはないです。

電気は、ライフラインなので、法律で、地域の電力会社による提供が保障されています。

災害などにより、特定エリアが停電する可能性はありますが、従来と変わりません。

なお、電気の品質も変わりません。

電気が暗くなることはあり得ません。

Q:解約したいときはどうすればいい?

A:単純解約は、電話連絡をお願いします。
電力会社を切り替える場合は、別会社へ申し込んで下さい。

例えば、マンションから実家へ引っ越す単純解約の場合、Looopでんきのカスタマーセンター(0120-707-454)へ連絡して下さい。

他の電力会社に切り替える場合は、Looopでんきへの連絡は不要です。

切り替える電力会社が連絡してくれます。

Q:契約期間は?契約更新は、1ヶ月ごと?1年ごと?

A:契約期間は、1年で、1年ごとに更新されます。

ただし、契約期間中の途中解約が可能で、違約金や手数料はかかりません。

まとめ:Looopでんきの評判と口コミ~一人暮らし20Aは要注意~

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Looopでんきのまとめと振り返り

<Looopでんきの良い評判と口コミ>

  • ①電気料金が下がった
  • ②節電イベントでAmazonギフト券もらえた
  • ③手続きがWEBで簡単にできた
  • ④時間帯別の電気利用量グラフが便利
  • ⑤地域電力会社と料金比較できるAPLが便利

<Looopでんきの悪い評判と口コミ>

  • ①利用実績を確認するWEBサイトが見にくい
  • ②キャンペーンで電気の無駄使いをすすめられた
  • ③顧客対応が悪かった

<Looopでんきを使うべき人>

  • 現状、30A契約の場合はお得
  • 現状、20A契約一人暮らしは損する可能性大

<Looopでんきのメリット>

  • 初期費用、基本料金、解約違約金ゼロ
  • 手続きが簡単
  • トラブル時の駆けつけサービス無料
  • 電気・ガスのセットプランあり

<Looopでんきのデメリット>

  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 利用明細はWEBのみ
  • ポイントサービスなし
  • オプションサービスが東京電力エリアのみ

以上となります。

供給される電気に質が高い、低いはありません。

全く同じ電気が供給されるならば、なるべく安い電力会社を選びましょう。

得をした分で、固定費を下げることができます。

生活を豊かにすることができます!



- END -

-一人暮らしライフハック

© 2021 独身貴族の引っ越し大作戦