そらエネでんきの評判・口コミ!電気料金シミュレーション(地域・世帯人数別)

2021年12月9日

そらエネでんきの評判・口コミ!電気料金シミュレーション(地域・世帯人数別)
節約家

在宅ワークが増えて電気代が高騰中!

まわりの人も、新電力会社に切り替え始めてる・・・

新電力は、電気料金が、かなり安くなるらしいじゃん!

そらエネでんきがいいって聞いたんだけど、実際どうなの?

いくら安くなるの?

評判・口コミとか、色々教えて下さい!!!

新電力各社について、調べ尽くしたわたしが、そらエネでんきを徹底解説します!

  • そらエネでんきの基本情報
  • そらエネでんきの評判と口コミ
  • 地域電力会社との電気料金比較(地域・世帯人数別)
  • そらエネでんきのメリットとデメリット

この記事を読んで頂ければ、あなたがそらエネでんきを選ぶべきか、正しい判断が下せます!

Contents

そらエネでんきとは…!

そらエネでんきの基本情報

そらエネでんきの基本情報
引用元:そらエネでんき公式サイト

そらエネでんきは、「新電力供給会社」です。従来の地域電力会社(東京電力など)に代わり、低料金で環境に配慮したエネルギー供給を実現しています。

運営会社株式会社スマートテック
設立2005年10月
初期費用不要
解約金不要
サービス提供エリア・東京電力エリア
・東北電力エリア
・中部電力エリア
・関西電力エリア
・中国電力エリア
・九州電力エリア

<対象外エリア>
・北海道電力エリア
・北陸電力エリア
・四国電力エリア
・沖縄電力エリア
料金プラン・得するプラン
・寄付するプラン
基本料金あり
燃料費調整額なし
申込時必要なもの・検針票
(電気料金領収書)
※提出は不要、情報入力のみ
・クレジットカード
支払い方法クレジットカード払いのみ
※銀行口座振替不可
開通工事の立ち合い不要
現在の電気会社への
解約連絡
不要
無料駆けつけサービスなし

そらエネでんきの最大の特徴は、料金プランがシンプルでとにかく安いことです。こちらの通り、対象エリアであれば、どの世帯人数でも、ほぼ最安です。

1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯
北海道電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
東北電力エリアリミックスでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
東京電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
北陸電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
中部電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
関西電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
中国電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
四国電力エリアリミックスでんき
HISでんき
リミックスでんき
HISでんき
ジャパン電力ジャパン電力
九州電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
沖縄電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんき
※地域電力エリア名は、各地域の料金ランキング解説記事にリンクしています

そらエネでんきの料金プランの特長

そらエネでんきには、2つの料金プランがあります。

  • 得するプラン
  • 寄付するプラン

「得するプラン」と「寄付するプラン」の違いは料金単価です。

「寄付するプラン」の方が料金単価が1円高いです。高くなる分を、希望の団体に寄付する仕組みです。

両プランに共通する特徴です。

  • 契約アンペアが30A以上必要
  • 基本料金が地域電力会社より安い
  • 電気量料金の料金単価が一律
  • 燃料費調整額がゼロ

お住まいの地域や世帯人数別の詳しい計算結果は、のちほど説明します。ここでは、簡単に、東京電力との比較を中心に、4つの特長を説明します。

特長①:契約アンペアが30A以上必要

一人暮らし、特に1ルームの場合、20A以下で契約していることがあります。20A以下の場合、そらエネでんきに契約変更できません。

※関西電力と、中国電力エリアは、アンペア契約ではないので、そらエネでんきに切り替え可能です。

特長②:基本料金が地域電力会社より安い

東京電力と、そらエネでんきの基本料金(税込)を比較します。

契約アンペア東京電力そらエネでんき
30A858円660円
40A1,144円880円
50A1.430円1,100円
節約家

どの契約アンペアでも200円以上そらエネが安いね!

特長③:電気量料金の料金単価が一律

電気量料金は、従量料金ともいわれます。使った電気量(単位:kWh)に応じてかかる料金です。

東京電力と、そらエネでんきの「得するプラン」で、電気量料金の単価、1kWhあたりの料金(税込)を比較します。

電気利用量東京電力そらエネでんき
:得するプラン
0~120kWh19.88円21.5円(一律)
121~300kWh26.48円21.5円(一律)
301Kwh~30.57円21.5円(一律)
※東京電力の場合、「寄付するプラン」の料金単価は22.5円(一律)です

<料金単価の比較イメージ図>

電気料金単価の比較イメージ図(東京電力、そらエネでんき)
節約家

ん??

そらエネでんきは、120kWh以下だと、損しない?

基本料が安いので、損することはありません。120kWh(30A契約)で計算してみます。

東京電力:120kWhの料金858円+19.88円×120kWh
3,243円(税込)
そらエネでんき:120kWhの料金660円+21.5円×120kWh
3,240円(税込)

一人暮らしの30A契約なら、間取りは、1LDKや1Kです。200~300kWhは使うので、損することはありません。

2人以上の世帯でも、普通に電気を使っていれば、損することはありません。のちほど、これらの複数人世帯のモデルで、比較計算します。

世帯人数契約アンペア電気利用量
2人世帯30A300kWh
3人世帯40A350kWh
4人世帯50A400kWh

特長④:燃料費調整額がゼロ

実は、さきほどの料金比較には「燃料費調整額」が含まれていませんでした。

節約家

なにそれ??

聞き慣れない用語だね・・・

「燃料費調整額」は、火力発電の燃料輸入費に応じて、毎月、増減する金額です。

地域電力会社の料金にも、他の新電力会社の料金にも含まれています。そらエネでんきの料金には含まれません。

節約家

まあ、でもそらエネは、ゼロなんでしょ??

その分、お得ってことでしょ?

いえ、「燃料費調整額」は、マイナスになることもあります。つまり、電気料金から差し引かれることがあります。実際、東京電力エリアの金額は、こちらの通りです。

2021年1月分の「燃料費調整額」(税込)-0.53円/kWh

1か月の電気利用量が300kWhの世帯では、月間159円差し引かれます。ただし、毎月変動することと、予測困難であることに注意が必要です。

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

そらエネでんきの評判・口コミ

そらエネでんきの良い評判・口コミ

  • 燃料費調整額がかからない
  • 定額制最安で夏冬が有利
  • 利用期間の縛り、解約手数料がない

良い評判・口コミ①:燃料費調整額がかからない

電気の燃調費はまだしばらく値上がりが続くけど、(株)スマートテックの「そらエネでんき」は燃料費調整制度の適用がないので、相対的にどんどん安くなるんだよね。
来月1月なんかは他の格安新電力と比べてもスゲー安くなるから、ホントに大丈夫か?と心配になるレベル。

Twitter

良い評判・口コミ②:定額制最安で夏冬が有利

電力会社の乗換を検討していたら
そらエネでんきなる会社があった
定額制最安、20円/kWh
他電力会社と比べても月170kWh以上くらいから
安くなる
夏冬は有利
燃料費調整が無い会社なので燃料が安いときは不利だが
高い現状では有利、安くなる
ポイントサイト経由で7500円CB

Twitter

良い評判・口コミ③:利用期間の縛り、解約手数料がない

そらエネでんき
ポイントサイトに新しく登場!7,500円はいい感じですね〜
利用期間縛り・解約手数料・解約違約金、全部無しです!

Twitter

そらエネでんきの悪い評判・口コミ

そらエネでんきへの直接的な悪い評判は見つかりませんでした。

と言って、良い評判だけ掲載するのは不公正なので、運営会社(スマートテック)への評判と個人的な意見を・・・

  • 押し売り営業(スマートテック)
  • 公式サイトが分かり難い

悪い評判・口コミ①:押し売り営業(スマートテック)

太陽光の買取先をスマートテックに変えたらパワコンの点検が必要って言うから点検来てもらったら、結局蓄電池の押し売りに来ただけだった
皆さん気をつけましょうね。

Twitter

株式会社スマートテックから毎週末必ず電話が来るんだけど…断るとそのまま無言で切るってどういうことなのw
勝手にかけてきて勝手に切るってどういう教育してんだよw
ブチ切れそう

Twitter

「スマートテックと申します売電の単価が決まりましたのでご連絡ですー」

いやいやこんな時期にセールス電話とかかけてくんなよ
コロナ渦中やで
スマートテックさん
ソーラーパネル??
自粛して下さい

Twitter

悪い評判・口コミ②:公式サイトが分かり難い

これは、わたしの個人的意見です。

正直、そらエネでんきの公式サイトは、肝心な電気料金が分かりにくいです。

  • 基本料金の説明が不足
  • 地域電力会社との比較シミュレーションができない

基本料金は、契約アンペアによって変動するのですが、説明がありません。

そらエネでんきの料金プラン
引用元:そらエネでんき公式サイト

30アンペア契約の料金しか記載がありません。

契約アンペアや、電気利用量ごとの、地域電力会社との料金比較計算ができません。

そらエネでんきの電気料金の比較説明
引用元:そらエネでんき公式サイト

東京電力で、40A契約、400kWh利用する場合の比較しかありません。

ただ、ご安心下さい!

次の章で、各地域、世帯人数(契約アンペア、電気利用量)に応じた、計算結果を説明します!

節約家

助かります!

よろしく!

そらエネでんきと地域電力会社の電気料金比較

こちらの4つの世帯人数モデルごとに、電気料金を比較します。

世帯人数契約アンペア電気利用量
1人世帯30A200kWh
2人世帯30A300kWh
3人世帯40A350kWh
4人世帯50A400kWh

<比較する料金プラン>

  • 地域電力会社の一般家庭プラン(従量電灯Bなど)
  • そらエネでんきの「得するプラン」

結論:そらエネでんきに切り替えた場合のお得額

さっそく、結論から!

<そらエネでんきの月間お得額(税込)>

1人世帯
30A
200kWh
2人世帯
30A
300kWh
3人世帯
40A
350kWh
4人世帯
50A
400kWh
東北電力236円489円993円1,497円
東京電力402円900円1,419円1,939円
中部電力783円1,314円1,813円2,312円
関西電力345円916円1,351円1,786円
中国電力351円995円1,423円1,851円
九州電力351円747円1,117円1,587円

※「寄付するプラン」を選択する場合は、kWh×1円をマイナスして下さい

<そらエネでんきの年間お得額(税込)>

1人世帯
30A
200kWh
2人世帯
30A
300kWh
3人世帯
40A
350kWh
4人世帯
50A
400kWh
東北電力2,832円5,868円11,916円17,964円
東京電力4,824円10,800円17,028円23,268円
中部電力9,396円15,768円21,756円27,744円
関西電力4,140円10,992円16,212円21,432円
中国電力4,212円11,940円17,076円22,212円
九州電力4,212円8,964円13,404円19,044円

※「寄付するプラン」を選択する場合は、kWh×12円をマイナスして下さい

節約家

世帯人数が増えるほどお得だね・・・

中部電力エリアが特にお得!!

正確な料金の計算方法や注意事項は、のちほど説明します。

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

1人世帯の料金比較:30A、200kWh

地域電力会社料金そらエネでんき料金
「得するプラン」
東北電力月間:5,246円月間:5,010円
月間お得額:236円
年間お得額:2,832円
東京電力月間:5,362円月間:4,960円
月間お得額:402円
年間お得額:4,824円
中部電力月間:5,423円月間:4,640円
月間お得額:783円
年間お得額:9,396円
関西電力月間:4,530円月間:4,185円
月間お得額:345円
年間お得額:4,140円
中国電力月間:4,711円月間:4,360円
月間お得額:351円
年間お得額:4,212円
九州電力月間:4,831円月間:4,480円
月間お得額:351円
年間お得額:4,212円

2人世帯の料金比較:30A、300kWh

地域電力会社料金そらエネでんき料金
「得するプラン」
東北電力月間:7,779円月間:7,290円
月間お得額:489円
年間お得額:5,868円
東京電力月間:8,010円月間:7,110円
月間お得額:900円
年間お得額:10,800円
中部電力月間:7,974円月間:6,660円
月間お得額:1,314円
年間お得額:15,768円
関西電力月間:7,101円月間:6,185円
月間お得額:916円
年間お得額:10,992円
中国電力月間:7,455円月間:6,460円
月間お得額:995円
年間お得額:11,940円
九州電力月間:7,137円月間:6,390円
月間お得額:747円
年間お得額:8,964円

3人世帯の料金比較:40A、350kWh

地域電力会社料金そらエネでんき料金
「得するプラン」
東北電力月間:9,573円月間:8,580円
月間お得額:993円
年間お得額:11,916円
東京電力月間:9,824円月間:8,405円
月間お得額:1,419円
年間お得額:17,028円
中部電力月間:9,683円月間:7,870円
月間お得額:1,813円
年間お得額:21,756円
関西電力月間:8,536円月間:7,185円
月間お得額:1,351円
年間お得額:16,212円
中国電力月間:8,933円月間:7,510円
月間お得額:1,423円
年間お得額:17,076円
九州電力月間:8,682円月間:7,565円
月間お得額:1,117円
年間お得額:13,404円

4人世帯の料金比較:50A、400kWh

地域電力会社料金そらエネでんき料金
「得するプラン」
東北電力月間:11,367円月間:9,870円
月間お得額:1,497円
年間お得額:17,964円
東京電力月間:11,639円月間:9,700円
月間お得額:1,939円
年間お得額:23,268円
中部電力月間:11,393円月間:9,080円
月間お得額:2,312円
年間お得額:27,744円
関西電力月間:9,971円月間:8,185円
月間お得額:1,786円
年間お得額:21,432円
中国電力月間:10,412円月間:8,560円
月間お得額:1,851円
年間お得額:22,212円
九州電力月間:10,337円月間:8,750円
月間お得額:1,587円
年間お得額:19,044円

料金計算時の注意事項

  • 料金は全て税込みです
  • 電気料金は、基本料+電気量利用料(従量料金)で計算しています
  • 電気料金に、「燃料費調整額」と「再エネ賦課金」は、含んでいません
  • 「燃料費調整額」は、地域電力会社によって異なり、毎月変動します(マイナスになる場合あり)
  • 「再エネ賦課金」は、地域電力会社と、そらエネでんきで、同額です(電気利用量で決まり、毎月500円から2,000円程度)

<基本料金の各社比較表>

地域電力会社そらエネでんき
東北電力30A:990円
40A:1,320円
50A:1,650円
30A:450円
40A:600円
50A:750円
東京電力30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:660円
40A:880円
50A:1,100円
中部電力30A:858円
40A:1,144円
50A:1,430円
30A:600円
40A:800円
50A:1,000円
関西電力341.01円
※6kVAまで
185円
中国電力336.87円
※6kVAまで
160円
九州電力30A:891円
40A:1,188円
50A:1,485円
30A:660円
40A:880円
50A:1,110円

<電気量利用量の料金単価の各社比較表>

地域電力会社そらエネでんき
東北電力~120kWh:18.58円
121~300kWh:25.33円
301kWh~:29.28円
得するプラン:22.8円
寄付するプラン:23.8円
東京電力~120kWh:19.88円
121~300kWh:26.48円
301kWh~:30.57円
得するプラン:21.5円
寄付するプラン:22.5円
中部電力~120kWh:21.04円
121~300kWh:25.51円
301kWh~:28.46円
得するプラン:20.2円
寄付するプラン:21.2円
関西電力15~120kWh:20.31円
121~300kWh:25.71円
301kWh~:28.70円
得するプラン:20円
寄付するプラン:21円
中国電力15~120kWh:20.76円
121~300kWh:27.44円
301kWh~:29.56円
得するプラン:21円
寄付するプラン:22円
九州電力~120kWh:17.46円
121~300kWh:23.06円
301kWh~:26.06円
得するプラン:21.5円
寄付するプラン:22.5円

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

そらエネでんきのメリットとデメリット

そらエネでんきのメリット

  • ①料金体系がシンプルでお得
  • ②寄付が手軽にできる

メリット①:料金体系がシンプルでお得

そらエネでんきの料金体系は、この2つの特長があります。

  • 基本料金が、地域電力会社より安い
  • 従量料金(料金単価)が、120kWhを超えると、地域電力会社より安い

ストイックに節電せずに平均以上に電気を使っていれば、必ず得をします。

節約家

でも、新電力会社の中には、基本料金がゼロの会社もあるよね?

はい、ただし、基本料金ゼロの会社は、そこそこ、電気を使わないと損をしてしまう料金体系になっています。

季節や月によっては、損をする場合もあります。とはいえ、無理して電気を使っては本末転倒です。

節約家

損益分岐点を意識して、生活するの、嫌だよね・・・

メリット②:寄付が手軽にできる

そらエネでんきは、「寄付するプラン」を選択すると、毎月、1kWhあたり1円を指定団体に寄付することができます。

<寄付対象団体(1つを選択)>

  • 学生NGO ALPHA(海外教育支援)
  • 認定NPO法人 フローレンス(子育て支援)
  • NPO法人 ピース・ウィンズジャパン(動物支援、災害緊急支援、海外人道支援)

「寄付するプラン」であっても、平均以上の電気利用量であれば、地域電力会社より安くなります。さらに、寄付を通じて、社会貢献できます。

そらエネでんきのデメリット

  • ①20A以下の契約プランがない
  • ②支払い方法はクレジットカード払いのみ
  • ③トラブル時の無料駆けつけサービスなし
  • ④ポイント還元、キャッシュバックなし

デメリット①:20A以下の契約プランがない

そらエネでんきは、30アンペア以上の契約プランしかありません。契約アンペアの考えがない、関西電力、中国電力は、除きます。

関西電力、中国電力以外で、20A以下の契約の方は利用できません。

20A以下で契約している方は、ソフトバンクでんきをご検討下さい。特に、ソフトバンクの通信サービス(iPhoneなど)を使っていると確実に得をします。

【関連記事】ソフトバンクおうちでんきの特長と評判・口コミを解説しています。

関連記事
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】

続きを見る

デメリット②:支払い方法はクレジットカード払いのみ

そらエネでんきは、クレジットカード払いのみです。銀行口座振替や、コンビニでの請求書払いには対応していません。

事務を簡素化して、電気料金を安くしているからです。他の新電力会社も、クレジットカード払いのみのところは多いです。

<銀行口座振替に対応している新電力会社>

デメリット③:トラブル時の無料駆けつけサービスなし

そらエネでんきは、トラブル時の無料駆けつけサービスはありません。

トラブル時には、地域電力会社に電話して、基本的には有料で対応してもらう必要があります。

節約家

電力会社を切り替えるのに、地域電力会社に連絡するの?

いくらかかるの?

電気の供給・保守を担うのは、これまで同様、地域電力会社です。1回1万円程度が相場です。そういう意味ではこれまでと変わりません。

<無料駆けつけサービスを提供している新電力会社>

※Looopでんきの無料駆けつけサービスの対象は、東京電力エリアのみです。

デメリット④:ポイント還元、キャッシュバックなし

他の新電力では、Tポイントや楽天ポイントを還元しているところもあります。そらエネでんきは、ポイント還元サービスは提供していません。

キャッシュバックや初月無料キャンペーンを行っている新電力会社もあります。

【関連記事】エルピオでんきの特長や評判・口コミを解説しています。

関連記事
エルピオでんきは悪い評判・口コミ、デメリットばかり?キャンペーン実施中
エルピオでんきは悪い評判・口コミ、デメリットばかり?キャンペーン実施中

続きを見る

【関連記事】ソフトバンクおうちでんきの特長と評判・口コミを解説しています。

関連記事
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】
ソフトバンクおうちでんきの評判【最大のデメリットは解約金!】

続きを見る

そらエネでんき以外の新電力会社との比較

そらエネでんき以外の電力会社を含めた、各社の比較結果をまとめます。

本記事では、結果だけまとめています。詳しくは、こちら↓のランキング記事や、各社の解説記事、各エリアのランキング記事(のちほど紹介します)をお読み下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

電力エリア/世帯人数ごとの電気料金お得額第1位

1人世帯2人世帯3人世帯4人世帯
北海道電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
東北電力エリアリミックスでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
東京電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
北陸電力エリアジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力ジャパン電力
中部電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
関西電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
中国電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
四国電力エリアリミックスでんき
HISでんき
リミックスでんき
HISでんき
ジャパン電力ジャパン電力
九州電力エリアそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんきそらエネでんき
沖縄電力エリアソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんきソフトバンクでんき
※地域電力エリア名は、各地域の料金ランキング解説記事にリンクしています

新電力各社のメリットとデメリット

メリットデメリット
そらエネでんき・料金体系がシンプルでとにかく安い・北海道、北陸、四国、沖縄は対象外
・支払いはクレジットカードのみ
ジャパン電力
>解説記事へ
・料金体系がシンプル
・電気を多く使うほど得
・オプションサービスなし
・キャンペーンなし
・オール電化未対応
エルピオでんき
>解説記事へ
・キャッシュバックあり
・電気ガスのセット割
・駆けつけサービス無料
・料金プランが分かりにくい
・30A未満のプランなし
リミックスでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・ビットコイン投資プランあり
・30A未満のプランなし
・電気ガスのセット割なし
あしたでんき
>解説記事へ
・料金プランが分かり易い
・東京電力グループで安心
・支払いはクレジットカードのみ
・対応エリアが狭い
・電気ガスのセット割なし
Looopでんき
>解説記事へ
・料金プランが分かり易い
・駆けつけサービス無料
・電気ガスのセットプランあり
・支払いはクレジットカードのみ
・オプションサービスが東京エリアのみ
ソフトバンクでんき
>解説記事へ
・損することがない料金プラン
・キャッシュバックあり
・ソフトバンク回線利用料が割引き
・駆けつけサービス無料
・解約違約金あり
・電気ガスのセット割なし
シン・エナジー
>解説記事へ
・生活スタイルに応じたプランあり
・JALマイルが貯まる
・30A未満のプランなし
・電気ガスのセット割なし

どの新電力会社も、メリットとデメリットがあります。複数社を比較・検討したい方は、こちらの記事をご活用下さい。

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

そらエネでんきの利用の流れ

こちらの3つのSTEPですが、1つ目の申込みさえ終われば、何もやることはありません。

  • WEB申込
  • 契約完了確認(メール)
  • そらエネでんき利用開始

STEP①:WEB申込

<申込に必要なもの>

  • 検針票(電気使用量のお知らせ)
  • クレジットカード
電気料金の検針票:電気ご使用量のお知らせ

<使えるクレジットカードの種類>

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • Discoverカード

<WEB申込時の入力情報>

  • 氏名
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 現在契約中の電力会社
  • 検針票情報(契約番号・供給地点特定番号)

※検針票情報は画像アップロードも可

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

STEP②:契約完了確認(メール)

WEB申込後、申込み内容に不備がなければ、契約完了確認メールがきます。

メールで、そらエネでんきへの切り替え日(電力供給開始日)が連絡されます。

STEP③:そらエネでんき利用開始

申込から1か月~2か月で、そらエネでんきに切り替わります。

切り替え前に、地域電力会社によるスマートメーターの設置工事がありますが、費用はかかりませんし、立ち会いは不要です。

そらエネでんきへの素朴な疑問

節約家

電気の質が下がらない?

下がりません。停電になりやすくなることはありません。

発電・送電・保守を担うのは、これまで同様に、地域電力会社です。

そらエネでんきが発電した電気は、地域電力会社に供給され、地域電力から契約者に送電されます。

仮に、そらエネでんきの発電量が減っても、停電することはないです。

電気は、ライフラインなので、法律で、地域の電力会社による提供が保障されています。災害などにより、特定エリアが停電する可能性はありますが、従来と変わりません。

節約家

マンションに住んでいても契約できる?

できます。

節約家

契約プランは途中で変更可能?

はい。カスタマーセンターに依頼すれば、翌々月から変更可能です。

節約家

寄付先は複数選べる?変更可能?

複数選択することはできません。

寄付先は、契約プラン同様に、カスタマーセンターへの連絡により変更可能です。

節約家

停電した時にはどうすればいい?

地域電力会社のカスタマーセンターへ連絡をお願いします。

節約家

途中で解約するにはどうすればいい?

そらエネでんきへの解約連絡は不要です。

新たに契約する電力会社に申し込みを行うと、解約を代行してくれます。

単純解約の場合は、そらエネでんきのカスタマーセンターに連絡して下さい。

節約家

ありがとう!!

疑問が解消しました!

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

まとめ:そらエネでんきの評判・口コミとメリット・デメリット

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

そらエネでんきについて、まとめと振り返りをさせて頂きます。

<そらエネでんきの料金プランの特長>

  • 基本料金が、地域電力会社より安い
  • 従量料金(料金単価)が、120kWhを超えると、地域電力会社より安い

<そらエネでんきの良い評判・口コミ>

  • ①燃料費調整額がかからない
  • ②定額制最安で夏冬が有利
  • ③利用期間の縛り、解約手数料がない

<そらエネでんきの悪い評判・口コミ>

  • ①押し売り営業(スマートテック)
  • ②公式サイトが分かり難い

<そらエネでんきのメリットとデメリット>

メリット①料金体系がシンプルでお得
②寄付が手軽にできる
デメリット①20A以下の契約プランがない
②支払い方法はクレジットカード払いのみ
③トラブル時の無料駆けつけサービスなし
④ポイント還元、キャッシュバックなし

以上となります。

人によっては、年間、1万円以上の電気料金の節約になります。

新しい電化製品や家具が買える値段です。しかも、電気の質が変わるわけではありません。

在宅ワークで使う電気料金は、会社が負担してくれるわけではありません。

たった、5分あれば、申し込めます。

そらエネでんきに申し込んで、無駄な損失を回避しましょう!

\基本料金も料金単価も安くなる!/

そらエネでんき公式サイトへ

【関連記事】新電力会社のおすすめランキング記事です。電気料金とサービスの両面で、ポイント化し、ランキング比較しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

続きを見る

各地域電力エリアの料金ランキング解説記事です。

北海道電力エリアの解説記事へ東北電力エリアの解説記事へ
東京電力エリアの解説記事へ北陸電力エリアの解説記事へ
中部電力エリアの解説記事へ関西電力エリアの解説記事へ
中国電力エリアの解説記事へ四国電力エリアの解説記事へ
九州電力エリアの解説記事へ沖縄電力エリアの解説記事へ

- END -

-新電力