一人暮らしが快適すぎる理由5選!メリット・デメリットを理解して始めよう

2021年11月6日

一人暮らしが快適すぎる理由5選!メリット・デメリットを理解して始めよう
独身貴族

実はいま、実家暮らしなんだよね。。

そろそろ、一人暮らししてみたいと思うんだけど・・・

本当に快適なの?

実家の方が、快適じゃない?

家事はしなくていいし、自由に使えるお金も多い!

一人暮らし歴20年以上のわたしが、一人暮らしが快適すぎる理由を、解説していきます。

一人暮らしのメリットとデメリットも説明しますので、納得した上で、一人暮らしをするか判断して下さい。

最後に、一人暮らしを始めたい方向けに、理想の生活を手に入れるための方法も解説します。

本記事を読んで頂ければ・・・

  • 一人暮らしの魅力が理解できます!
  • 理想の一人暮らし生活を手に入れることができます!
  • 自由を満喫することができます!

【関連記事】一人暮らしにおすすめの快適グッズを解説しています。

関連記事
一人暮らしにおすすめの快適グッズ52選!失敗したモノ6選
一人暮らしにおすすめの快適グッズ52選!失敗したモノ6選

続きを見る

一人暮らしが快適すぎる理由

この5つを解説していきます。

  • ①とにかく自由
  • ②人に気を使う必要がない
  • ③人を家に気兼ねなく呼べる
  • ④学校や職場の近くに住める
  • ⑤引っ越しが楽

【関連記事】独身が最高に楽しい理由と独身時代の有意義な過ごし方を解説しています。

関連記事
独身男が最高に楽しい理由は…自由と余裕があるからさ!
独身男が最高に楽しい理由は…自由と余裕があるからさ!

続きを見る

理由①:とにかく自由

まずはとにかく自由であること!これは、一人暮らしが、快適な理由というより、快適という言葉を言い換えたようなものです。

誰も文句を言う人はいないので、あなたの好きなように、自由で快適な生活を送ることができます!

  • 何を食べてもいい
  • 何時に寝て、何時に起きてもいい
  • 家事のペースは自分で決める
  • 趣味に没頭
  • 勉強や自己けんさん
  • 部屋を自由にコーディネイト

もちろん、仕事や学業に支障をきたしてはいけませんが・・・

独身貴族

あとは、健康に支障をきたしてもダメだよね。。

隣人とか他人への迷惑もダメ・・・

一人暮らしは、仕事や部屋を自由に選ぶこともできます。

家族・同居人がいる場合、生活リズムが全く合わない仕事をするのは難しいです。当然、引っ越しするには、同居人との話し合いが必要になります。

理由②:人に気を使う必要がない

一人暮らしは、同居人、家族に全く気を使う必要がありません。

  • 寝る時間や起きる時間を合わなくていい
  • 人に言いにくい趣味にも、遠慮なく没頭
  • 見られたくものを隠す必要はない
  • 電話の内容を聞かれることがない
  • 機嫌が悪い同居人に八つ当たりされない
  • 配達物を勝手に見られることがない
独身貴族

兄弟が受験だったりすると、気を使うよね・・・

ぼくは昔、物音ひとつたてられなかったもん!

理由③:人を家に気兼ねなく呼べる

実家暮らしや同居人がいる場合、どうしても、人を家に呼ぶのは、気を使ってしまいます。呼ぶタイミングはもちろんのこと、会話内容なども家族に聞こえてないか気になってしまいます。。

もちろん、全く、気にしない人もいるでしょう。わたしは、めちゃくちゃ気にする人でした。高校生までは、実家に、女の子を呼んだことはなかったです。

一人暮らしであれば、誰にも気を使う必要はありません!こんなことが自由にできます。

  • 友人を家に招いて飲み会
  • 誰にも邪魔されることなく恋人と家で過ごす

時間も全く気にする必要はありません。泊めてあげることもできます。

独身貴族

女性を部屋に招くためには、部屋をオシャレにコーディネイトしておきたいね!

理由④:学校や職場の近くに住める

毎日通う必要がある学校や職場の近くに住めれば、通勤時間を削減することができます。自由な時間や睡眠時間が増えます!

都会暮らしの場合、満員電車や長時間通勤のストレスから解放され、快適な生活を送ることができます。

学校や職場は、都市部や主要駅の近くにあることが多いです。家族がいる場合、広い部屋を借りるには、家賃が高くて厳しいですね。

独身貴族

あと、同棲している場合とか、共働きの場合は、自分だけの主張は通らないよね・・・

お互いの職場の中間地点くらいに住むことになりそう。。

実際、わたしの会社の同僚は、ほとんどそうでした。。

勤務地は、変わることが多いです。同居人がいると、簡単に引っ越すことはできません。一人暮らしで、お金があれば、あなただけの都合で引っ越すことができます。

なお、徒歩通勤や自転車通勤は、健康にもいいです。毎日強制的に運動することになり、日の光を浴びることができます。

【関連記事】徒歩通勤のメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

続きを見る

理由⑤:引っ越しが楽

家族や同居人がいる場合、引っ越しは一大イベントです。一軒家やマンションを購入することになれば、それこそ人生の一大イベント!

逆に、一人暮らしにとっては、引っ越しなんて、プチイベントにすぎません。賃貸の契約更新期間である2年が経過する度に、引っ越ししている人もいます。

当然、一人暮らしであっても、引っ越しにはある程度まとまったお金が必要です。最低でも、50万円くらいみておく必要があります。

とはいえ、家族や同居人がいる人と比べて、引っ越しのハードルは、明らかに低いです。一人暮らしであれば・・・

  • 荷物が少ない
  • 新居は自分の独断で決められる
  • 引っ越し費用は夏か冬のボーナスでなんとかなる

わたしは、以前、横浜市に住んでいました。休日、お酒を飲んでいて、ふと職場がある都心に引っ越したいと思いました。

ノリと勢いで、不動産屋に、当時の住居の解約連絡をしました。

1か月後、職場から徒歩20分のマンションに引っ越しました。冬のボーナスの一部を使いました・・・

一人暮らしであれば、より快適な生活を手に入れるために、思い立ったら、簡単に引っ越しをすることができます。

【関連記事】一人暮らしには1LDKが快適すぎる理由を、体験談を元に解説しています。

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

続きを見る

【関連まとめ記事】引っ越し全体のスケジュールと、いつからなにをすべきかをまとめて解説しています。

関連記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

続きを見る

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリット

続いては、快適すぎること以外の一人暮らしのいいことを説明していきます。

  • ①生活力が高まる
  • ②金銭感覚が身につく
  • ③恋人を作りやすい
  • ④いい部屋に住みたい野心が芽生える

メリット①:生活力が高まる

一人暮らしは、生活に必要なことを全て自分でやらないといけません。

  • 家事全般:料理、掃除、洗濯
  • 買い物:主に生活必需品
  • 行政手続き
  • お金・家計の管理

時には失敗することもあります。ただ、失敗を経験することで、失敗しない賢いやり方や、効率的な方法を身に付けることができます。生活力が高まります。

独身貴族

いまは男性も家事をする時代だからね・・・

実家暮らしのぼくは、何もできない、、役に立たなそう。。

メリット②:金銭感覚が身につく

さきほどの生活力にも通じていますが、一人暮らしは、自らお金を出して、自ら買い物し、各種サービスを利用することになります。

自然と、世間の相場感覚が染みついていきます。お金を使うべきもの、使う必要がないものが分かってきます。一人暮らしを通して、金銭感覚が養われます。

独身貴族

某二世大臣は、国会で質問されて、カップラーメンの相場も答えられなかったよね・・・

メリット③:恋人を作りやすい

もちろん、実家暮らしや、友人と同居している人が恋人を作れないわけではありません。ただ、色々な意味で、一人暮らしの方が有利です。

特に、一人暮らしが快適すぎる理由で説明した「家に人を呼びやすい」ことは大きいです。一人暮らしなら、自分だけの空間を持っているので、そこで二人っきりになれます。

さらに、その自分だけの空間を、おしゃれに演出しておくことができます。おしゃれな家具やインテリアを配置しておくことで、モテ部屋を作りましょう!

独身貴族

あと、実家だと、女の子に電話してると、おかんに妨害されることがあるからね・・・

妹に盗み聞きされたこともあるし。。

メリット④:いい部屋に住みたい野心が芽生える

一人暮らしは、1ルームの部屋から始める人が多いです。特に、都会や20代には多いでしょう。わたしも、家賃7万円の1ルームからスタートしました。

多くの人は、1ルームでは満足できません。部屋が狭いので・・・

  • 大勢の友人を招きにくい
  • 大型の家具が置けない(ソファー、大型TV)
  • 寝室や作業部屋を別室にできない

もっといい部屋に住みたいという野心が芽生えて、収入アップを目指します。仕事に励むことで、出世につながります。

独身貴族

逆に、家族がいて、マンション買ってローン組んでる人って、諦めムードの人が多いよね・・・

仕事もやる気がなくて、出世しようという野心なんて感じられない。。

わたしは、30歳ちょうどで、家賃12万円の1LDKの部屋に引っ越しました。若干背伸びをしていましたが、仕事を頑張り、あとから収入がついてきました。

【関連記事】家賃が高い部屋に住むメリットと、一人暮らしなら背伸びもありな理由を解説しています。

関連記事
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!

続きを見る

一人暮らしのデメリット

一人暮らしのデメリット
独身貴族

よし、さっそく一人暮らしを始めます!

色々解説してくれてありがとう!

ちょっと待って下さい!

いまのところ、いいことだけ説明してきました。当然、一人暮らしには、デメリット、大変なこと、辛いこともあります。

この5つを説明しますので、理解した上で、一人暮らしを始めて下さい。

  • ①お金がかかる、貯金できない
  • ②病気やケガをした時にしんどい
  • ③自己管理が大変
  • ④家事が面倒
  • ⑤孤独を感じることもある

デメリット①:お金がかかる、貯金できない

当然、一人暮らしにはお金がかかります。毎月の家賃の支払い、生活費など、どんなに切り詰めても、10万円は必要です。

独身貴族

仕事をしていない人は、当然無理だよね・・・

あと、気が向いた時だけ日雇いのバイトをしている人も厳しいね。。

仕事をしている人でも、こんな場合は、毎月カツカツの生活になります。

  • 家賃が高い部屋に住みたい
  • 会社の近くに住みたい
  • 毎月の生活費を節約したくない

実際、わたしは、20代の頃は、全く貯金ができませんでした。それどこか、友人や消費者金融に借金をしていたこともあります。

実家なら、最悪、食べるものには困りません。電気・ガス・水道など、ライフラインが途切れることはありません。

ただ、一人暮らしは違います。お金を稼がないと、なくなると、ライフラインがストップする可能性があります!

デメリット②:病気やケガをした時にしんどい

一人暮らしで、病気になっても誰も看病してくれません。自分で病院に行く必要があります。

何か口にしないと回復しない状況であっても、自分で食料を買いに行く必要があります。

独身貴族

最悪の事態の時は、救急車を呼ぶしかないよね・・・

お恥ずかしながら、2021年10月、わたしは、酔っ払いすぎて、部屋で転倒しました。なんと、骨折していました!

翌日、病院に行きまし。重症と診断され、手術もしましたので、救急車を呼ぶレベルだったと思います。。

骨折したわたし
独身貴族

あんた・・・昔のロックンローラーかよ。。

一人暮らしの人、特に若い人は、救急車を呼ぶのを躊躇してしまいます。意識を失ったり、動けなくなったりしたら、おしまいです。遠慮せず、呼びましょう!

デメリット③:自己管理が大変

一人暮らしは、睡眠時間、食事、飲酒量など、自己管理する必要があります。乱れても、誰も注意してくれません。誰の目も気にする必要がありません。

独身貴族

仕事をしている人は、起床時刻だけは、出社時刻に合わせる必要があるよね・・・

でも、そうじゃない学生やフリーランスは、自己管理が全てだよね。。

はい、わたしは、学生時代は、ほとんど、昼夜逆転生活でした。

いまはフリーランスですが、なりたての頃は、午後2時くらいに起きていました。お酒も飲みまくっていました。(それが、さきほどの怪我につながりました・・・)

一人暮らしで、自己管理するためには、ある程度生活ルールを設ける必要があります。

  • 平日の就寝時刻
  • 休日の起床時刻
  • 部屋の掃除の頻度(毎週土曜日など)
  • お酒の量

デメリット④:家事が面倒

一人暮らしをすると、実家の母親がやってくれていた家事が、どんなに大変か分かります。

  • 料理をした後の洗い物
  • 布団カバーの取り外しと洗濯
  • トイレ掃除、風呂掃除

しかも、家事に終わりはありません。あっという間に、またやらないといけなくなります。洗濯ものはすぐに溜まり、部屋はすぐに汚れます。

わたしは、会社員時代、土日休みでした。基本的に、土曜日は、家事と、買い物やクリーニング屋に行くので、ほぼ終わっていた気がします。

独身貴族

さすがに、自分で、ワイシャツを洗濯して、アイロンをがけまでする余裕はなさそうだね・・・

わたしは、買い物ついでに近所のクリーニング屋に出してました。会社の同僚は、宅配クリーニングを利用している人も多かったですよ。

掃除は、お金に余裕がある方なら、家事代行に依頼するのもありですね。

>ミニメイド公式サイトへ

デメリット⑤:孤独を感じることもある

一人暮らしは、自由を満喫できて快適ですが、ふと、孤独を感じることがあります。

特に、連休で誰とも会う予定がなく、一人で過ごしていると、寂しくなることがあります。会社員になり、周りが家族を築いて、子供と楽しく過ごしていると思うと、余計にそう感じます。

独身貴族

まあでも、いまは、スマホで気軽に連絡取れるしね・・・

オンライン飲みもできるし、SNSで気軽に他人と交流できるし。。

近所の居酒屋に一人で行ってみるのもアリですよ。チェーン店ではなく、個人経営の居酒屋、席はカウンターが選びましょう!常連が話かけてくる可能性が高いです。

【関連記事】休日暇で友達がいないからできることを解説しています。

関連記事
休日暇で友達がいないからできる7つのこと【たまに遊ぶ友達の作り方】
休日暇で友達がいないからできる7つのこと【たまに遊ぶ友達の作り方】

続きを見る

【関連記事】男一人におすすめの休日の過ごし方を解説しています。

関連記事
男一人にすすめる休日の過ごし方【4分野12選と時間を増やす方法】
男一人におすすめの休日の過ごし方【4分野12選と時間を増やす方法】

続きを見る

一人暮らしの始め方

引っ越し全体スケジュール
引用元記事:【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
独身貴族

デメリットも含めて、理解・納得できました・・・

一人暮らしを始めたいと思うので、コツや注意点を教えて!

では最後に、一人暮らしの始め方を解説していきます。

  • 一人暮らしの初期費用
  • 一人暮らしに快適な部屋探しの方法
  • 引越しの方法

ただし、それぞれ、詳しく説明すると長くなりすぎてしまいます。詳細解説記事を用意しておりますので、興味があるものを、必要に応じてご活用下さい!

一人暮らしの初期費用

賃貸物件を契約して、一人暮らしを始める場合、最低でも、ざっくり、家賃の6か月分の費用が必要です。家賃が10万円の場合、60万円は必要になります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前払い家賃
  • 仲介手数料
  • 引っ越し費用

ただし、これには、買い物の費用が含まれていません。初めての一人暮らし場合、家具・家電を一式買い揃える必要があります。

家賃10万円の場合60万円プラス40万円、ざっくり100万円必要になります。当然、引っ越し後、毎月、家賃と生活費がかかります。

独身貴族

初めての一人暮らしで、家賃10万円は背伸びしすぎかもね・・・

6万円、7万円くらいに抑えたい。。

【関連記事】引っ越しの初期費用の計算方法と、費用を抑える方法を解説しています。

関連記事
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!

続きを見る

【関連記事】家賃10万円に必要な年収を解説しています。

関連記事
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】

続きを見る

一人暮らしに快適な部屋探しの方法

部屋探しに失敗すると、快適な生活は手に入りません。あなたが新居にこだわるポイントを事前に明確にしておき、遠慮せず不動産屋に伝えましょう!

  • 最寄り駅、立地
  • 間取り
  • オートロックの有無
  • 宅配ボックスの有無
  • バス・トイレ別 など

ゆずれない条件は、妥協することなく、粘り強く部屋探しをしましょう。不動産屋は、早く部屋を決めるよう誘導してきますが、誘いに乗ると後悔します。

部屋探しは、たかだか数日ですが、新居での生活は、数年に及びます。理想の部屋が見つかるまで妥協せず部屋探しをして、快適生活を手に入れましょう!

【関連記事】賃貸物件の条件チェックリストを解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

続きを見る

【関連記事】社会人一人暮らしにおすすめの間取りを解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

続きを見る

いまは、不動産屋に出向かずとも、家にいながらオンラインで部屋探しをしてくれる不動産サービスがあります。興味があれば、活用して下さい。

>オンライン不動産:家AGENT+(イエプラ)公式サイトへ

【関連記事】オンライン不動産イエプラの評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

続きを見る

引越しの方法

引っ越しの全体スケジュール詳細版
引用元記事:【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

引っ越しは、引っ越す日の約2か月前から準備をする必要があります。

  • 部屋探し
  • 賃貸契約の手続き
  • ガス・水道などの申込み
  • 住所変更手続き
  • 引っ越し業者手配や荷造り

色々とやることがあって大変ですが、引っ越し後には、理想の快適生活が手に入ります。やるべきことの詳細は、別記事にまとめていますので、粛々とこなして下さい。

独身貴族

なんか、めんどうくさそうだな~~

大丈夫です、、会社でやらされている面倒な仕事に比べれば、はるかに楽で簡単です。会社の仕事なんかよりも、はるかに大きな見返りがあります!

ノリと勢いで、思い切ってチャレンジしましょう!

【関連記事】引っ越しの全体スケジュールとやるべきことを準備を中心に解説しています。

関連記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

続きを見る

まとめ:一人暮らしが快適すぎる理由とメリット・デメリット

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

関連記事と共に、まとめと振り返りをさせて頂きます。

<一人暮らしが快適すぎる理由>

  • ①とにかく自由
  • ②人に気を使う必要がない
  • ③人を家に気兼ねなく呼べる
  • ④学校や職場の近くに住める
  • ⑤引っ越しが楽

【関連記事】一人暮らしにおすすめの快適グッズを解説しています。

関連記事
一人暮らしにおすすめの快適グッズ52選!失敗したモノ6選
一人暮らしにおすすめの快適グッズ52選!失敗したモノ6選

続きを見る

【関連記事】独身が最高に楽しい理由と独身時代の有意義な過ごし方を解説しています。

関連記事
独身男が最高に楽しい理由は…自由と余裕があるからさ!
独身男が最高に楽しい理由は…自由と余裕があるからさ!

続きを見る

【関連記事】徒歩通勤のメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

続きを見る

【関連記事】一人暮らしには1LDKが快適すぎる理由を、体験談を元に解説しています。

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

続きを見る

<一人暮らしのメリット>

  • ①生活力が高まる
  • ②金銭感覚が身につく
  • ③恋人を作りやすい
  • ④いい部屋に住みたい野心が芽生える

【関連記事】家賃が高い部屋に住むメリットと、一人暮らしなら背伸びもありな理由を解説しています。

関連記事
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!

続きを見る

<一人暮らしのデメリット>

  • ①お金がかかる、貯金できない
  • ②病気やケガをした時にしんどい
  • ③自己管理が大変
  • ④家事が面倒
  • ⑤孤独を感じることもある

>ミニメイド公式サイトへ

【関連記事】休日暇で友達がいないからできることを解説しています。

関連記事
休日暇で友達がいないからできる7つのこと【たまに遊ぶ友達の作り方】
休日暇で友達がいないからできる7つのこと【たまに遊ぶ友達の作り方】

続きを見る

【関連記事】男一人におすすめの休日の過ごし方を解説しています。

関連記事
男一人にすすめる休日の過ごし方【4分野12選と時間を増やす方法】
男一人におすすめの休日の過ごし方【4分野12選と時間を増やす方法】

続きを見る

<一人暮らしの始め方>

  • 一人暮らしの初期費用
  • 一人暮らしに快適な部屋探しの方法
  • 引越しの方法

【関連記事】引っ越しの全体スケジュールとやるべきことを準備を中心に解説しています。

関連記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

続きを見る

【関連記事】引っ越しの初期費用の計算方法と、費用を抑える方法を解説しています。

関連記事
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!

続きを見る

【関連記事】家賃10万円に必要な年収を解説しています。

関連記事
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】

続きを見る

【関連記事】賃貸物件の条件チェックリストを解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

続きを見る

【関連記事】社会人一人暮らしにおすすめの間取りを解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

続きを見る

【関連記事】オンライン不動産イエプラの評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

続きを見る

>オンライン不動産:家AGENT+(イエプラ)公式サイトへ

\自宅で24時までプロと部屋探し!/

イエプラ公式サイトへ

以上となります。

本記事を読んで一人暮らしや引っ越しに興味を持った方、、リサーチや妄想から始めてみましょう!

街探しや部屋探しをしてみるだけでもいいです。半年後に向けて、引っ越しの計画を立てて、貯金を始めるのもアリです。

引っ越しと一人暮らしは、大げさではなく、人生が変わります!新たな街や人との出会いがあります。快適な生活が手に入ります。

あなたが一人暮らしを始めてみて、理想の生活を手に入れることを願っております!

- END -

-一人暮らしライフハック