部屋探しはいつから開始?引っ越しの何ヶ月前?2ヶ月前が失敗しない!

2020年12月19日

部屋探しはいつから開始?引っ越しの何ヶ月前?2ヶ月前が失敗しない!
独身貴族

引っ越すことにしました!

でも、いつ、どこに引っ越すか、全然決めていないんだよね。。

全体の段取りを教えて。。

  • 引っ越しの何ヶ月前、何日前から、何をすればいい?
  • 部屋探しはいつからすべき?

わたしは、以前、失敗しました。

  • 引っ越しの準備、特に部屋探しの期間が短すぎた
  • なんの縛りもないくせに、繁忙期に部屋探しを決行!

どんなことになってしまったかは、のちほど説明します。。

わたしと同じ失敗をしないための、安全・確実な引っ越しの段取りをご説明します。

理想の部屋を探すための注意点もお伝えします。

万全の準備をして、引っ越し作戦を完遂しましょう!

理想の新生活を手に入れましょう!

【まとめ記事】引っ越し計画の全体スケジュールとお役立ち記事をまとめて解説しています!

まとめ記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

続きを見る

部屋探しはいつから開始?引っ越し2ヶ月前がベストな理由

部屋探しから引っ越しまでの全体スケジュール

引っ越しには、ざっくりとこれだけ、やるべきことがあります。

引っ越しの段取り

  • 部屋探しの準備
  • 部屋探し
  • 賃貸契約
  • 引っ越し準備
  • 引っ越し実行
独身貴族

タスク多いな~

1つずつ確実にこなしていかないとね・・・

で、いつからやればいい?

実は、もっと細かいタスクに分かれます。。

こんなスケジュール感が理想!

引っ越しの全体スケジュール(2ケ月前からやるべきこと)

理由を次で、説明します。

部屋探しを、引っ越しの2ヶ月前から開始すべき理由

さきほどのイベントで、引き返すことができなくなるのが・・・

「現状物件の契約解除申込(退去日決定)」です。

不動産屋に、連絡(基本、電話)すると、契約解除の申込書が届きます。

  • 署名・捺印して、郵送したら、もう引き返せない
  • いまの部屋を退く日が、確定
  • 退去日までに、必ず引っ越し決行!

通常、1ヶ月前~2ヶ月前までに契約解除の申し出が必要です。

契約内容によるので、確認しましょう。

つまり、退去の決断をしてから、最長で、2ヶ月です。

といっても、丸々2ヶ月、部屋探しができるわけじゃありません。

これらのことには、時間と期間が必要です。

  • 入居審査に、1週間程度かかる(10日かかることも)
  • 契約した新居は、即入居できるとは限らない(2週間~1ヶ月かかることあり)
  • 引っ越し業者は、通常、1週間以上前には予約が必要

ということを踏まえて逆引きすると・・・

1ヶ月前からの始動では、遅すぎる。。

部屋探しに、ほとんど時間をかけられない。

平日や日中に活動できない会社員は特にそう!

実際に、わたしは失敗しました。

やはり、これくらいのスケジュール感で、2ヶ月前から始動すると失敗しません。

引っ越しの全体スケジュール(2ケ月前からやるべきこと)

部屋探しは、早く始めすぎてもよくない2つの理由

独身貴族

なるべく早く始動した方がいいなら、3カ月前とか4カ月前の方がいいんじゃない?

これらは、いつから始めてもいいです。

どれだけ時間をかけても構いません。

  • 街選び
  • 物件の条件を考える
  • 事前リサーチ

ただ、本格的な部屋探しを、引っ越しの3ヶ月以上前に開始するのは、おすすめしません。

  • 理由①:賃貸物件は仮押さえできない
  • 理由②:期間に余裕がありすぎて決断できない

理由①:賃貸物件は仮押さえできない

仮に、あなたが、9月末に引っ越しすると決めているとします。

6月初旬から、不動産屋を訪れて、いくつか物件を内見。

6月中旬に、理想の部屋に巡り会えた!

しかも、現状、空き部屋で、即入居可能。

独身貴族

超ラッキーじゃん!

やっぱり早い方がいいね!

いやいや、9月末に引っ越したいって言ったら、契約できない。

賃貸物件は、予約や仮押さえはできません。

正式な申込みをして、1週間程度で審査が通ったら、契約開始。

家賃が発生します。

で、あなたより先に誰かが申し込んでしまったら、その物件は、消滅します。

独身貴族

新居を契約してから、いまの部屋を解約すれば、いいんじゃない。

それもありですが、一定期間、家賃を二重負担することに。

特に、いまの部屋を解約するのに、2ヶ月かかる場合、かなりの負担に。

理由②:期間に余裕がありすぎて決断できない

2つ目の理由は、部屋探しの期間が長すぎるとダラけてしまうこと。

まだ余裕があるからと思って、ネットでダラダラと物件を物色・・・

賃貸物件は、かなり流動的なので、翌週には、もう誰かに契約されています。

さらに、家を買うわけではないですが、大きな買い物。

期限を決めないと、なかなか決断はできません。

3ヶ月以上先を目標にして活動すると、無意味な情報収集に時間を使うことに。。

わたしの3つの失敗談!引っ越し1ヶ月前から部屋探し

いま振り返ると、この3つが失敗でした・・・

  • 失敗①:勢いで、いきなり解約申込み
  • 失敗②:部屋探しの期間が短すぎ
  • 失敗③:繁忙期(1月~3月)に活動

大失敗!で、すぐにまた引っ越しってことにはならなかったですが・・・

結果的には、家賃が4万円上がって、住み心地は悪くなってしまいました。。

あなたが、同じ失敗をしないためにも、反面教師になります。

【関連記事】わたしが引っ越した物件について、詳しく知りたい方は、こちらの記事からご覧ください。

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

続きを見る

失敗①:勢いで、いきなり解約申込み

とある休日、昼間にお酒を飲んでいたところ、突然、会社の近く(都心)に住みたいと思い立ちました。

5分後には、当時住んでいたマンションの不動産屋に電話して、解約の申し出。

「最短で1ヶ月後の退去になるが、それでよろしいですか?」

まあそんなもんなのかな、って感じで了承。

後日、郵送で正式に申込み。

退去まで、あと1ヶ月なのにこんな状態・・・

  • 引っ越しまでにやるべきこと、分ってない
  • いつから何をするかの計画皆無
  • 会社の近くの家賃相場も、ろくに調べてない

結果的に、物件も、引っ越し業者も焦って決めることになりました。

独身貴族

酔った勢いで、人生の大きな決断を下しちゃダメ・・・

失敗②:部屋探しの期間が短すぎ

引っ越しが1ヶ月後に迫っているのに、前半2週間は、ネットでダラダラ部屋探し。

さすがにそろそろ、やばいかも・・・と思い、会社の近くの不動産屋へ。

2週間後に引っ越したいと言うと「え、、すぐに決めないとダメですね」と言われました。

リサーチ不足なので、具体的な条件は、うまく伝えられず・・・

ざっくりとした条件だけ、伝えました。

  • 会社から徒歩20分から30分
  • いま住んでいる部屋と同じ間取り(1LDK)
  • 家賃は、上がってもしょうがない(でも10万円前半を希望)

当日、3物件を内見。

明らかに以前の部屋より、ダウングレードしていて、イメージと合わず・・・

仕方ないので、事前にネットで調べた物件を5件くらい、担当者に見せるも・・・

「全部、契約済です」

と言われ、ようやく分かった失敗が次です・・・

失敗③:繁忙期(1月~3月)に活動

わたしが、部屋探しをしていたのは、まさに1月。

3月に、4月からの新生活に向けて、引っ越しをしようと思う人達が大量に動いていた時期。。

ネット上に、掲載されてる物件なんて、速攻で埋まっていく。

もうしょうがないので、わたしは、担当者にいいました。

「もう、15万円くらいでいいから、もっと条件いいところ、お願い!」

次で、決めないとマズい状況だったので、仕事帰りの夜に、再度内見。。

初日の内見から、2日後。

もう、その日、見せられたものから、必ず選ぶと決めていた。

納得してなかったけど、しょうがなく、決定。

会社から徒歩圏内なのに、そこそこ駅近を選んだのは失敗でしたね。

電車なんてほぼ乗らないのに、無駄に家賃が高くなった。

でもやっぱり、最大のミスは、繁忙期を選んだこと!

引っ越し時期に、なんの縛りもないのに、自ら争奪戦に参加・・・

独身貴族

2年ごとの契約更新時期がきたからって理由じゃないの?

いえ、、あと1年残ってる状態でした。

いつでもいいのに、あえて、冬の寒い時期に活動・・・

時間をかけずに、さっさと決めたくなる。。

部屋探しを開始する前にすべき3つのこと

わたしが、時間をかけずに失敗した部屋探しを、さらに深堀りします。

特に、事前計画とリサーチですね。

これらは、妄想してみるだけでも、楽しいので、休日を使ってやってみましょう!

部屋探しの計画&リサーチ

  1. 街選び
  2. 家賃と間取り決め
  3. 物件の希望条件リストを作成(マスト&ベター)

事前計画①:街選び

部屋探しは、そもそも、住みたい街が決まらないと始まりません。

特に、都会は、区や最寄り駅によって、家賃や生活環境が大きく変わってきます。

1つに絞り込む必要はないので、区や鉄道沿線、最寄り駅の候補2、3を決めましょう。

【関連記事】東京23区の特徴・イメージや家賃相場を比較解説しています。

関連記事
東京23区の特徴とイメージをまとめてみた!引っ越すならどこがいい?
東京23区の特徴とイメージをまとめてみた!引っ越すならどこがいい?

続きを見る

さらに、生活を変える大きな要素になるのが、職場からの距離。

わたしは、2回目の引っ越しで、徒歩圏内に引っ越しました。

物件選びは失敗でしたが、徒歩圏内に引っ越したのは大成功!

通勤時間の削減と、毎日の運動と健康を手に入れることに!

徒歩じゃなくても、職場から近い方がいい!

特に、独身であれば、家族に縛られることはない。

多少、家賃が上がっても、徒歩圏内がメリット大!

【関連記事】徒歩通勤のメリット・デメリットと、おすすめの距離や物件の選びの注意点を解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

続きを見る

独身貴族

会社が六本木にあるから、港区に住もうかな・・・

憧れの港区住民!!

事前計画②:家賃と間取り決め

次は、住みたい街の家賃相場に応じて、希望の家賃と間取りを決めましょう。

住みたい街が決まった段階で、大手不動産サイトで、実際の物件を見てみます。

物件リサーチに使えるサイト

>キャッシュバック賃貸

※スーモ、マイナビ、アパマンショップ、など大手が多数掲載

>LIFULL HOME'S

>Athome

独身貴族

げっ、、港区高すぎる!!

さすがに無理!

1ルームならなんとかなるけど、それなら、周辺の区の方がいいな。

はい、街や最寄り駅を検討し直しましょう。

間取りによっても家賃が大きく変わるので、2つセットで決めて下さい。

もちろん、こんな感じで、ざっくりイメージでいいです。

  • 家賃:できれば10万円くらい。限界は12万円
  • 間取り:1DKか、1LDK
独身貴族

そもそも、1DKと1LDKの違いも分かってないんですが・・・

はい。そんな方向けに、この5パターン、ざっくりと違いを説明します。

特徴
1R・扉がない1部屋
1K・キッチンと1部屋が、扉で区切られてる
・キッチンが4.5畳未満
1DK・DK1部屋+1部屋
・DKが、4.5畳以上、8畳未満
1LDK・LDK1部屋+1部屋
・LDKが、8畳以上
2LDK・LDK1部屋+2部屋
・LDKが、10畳以上

【関連記事】一人暮らし向けの5パターンの間取りについて、メリット・デメリットを比較解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

続きを見る

個人的には、2物件連続で、実際に住んでるだけあって、独身貴族には1LDKがおすすめ!

【関連記事】わたしが住んだ1LDK2物件を紹介しています。失敗しない1LDKの間取り選びも合わせてどうぞ!

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

続きを見る

事前計画③:物件の希望条件リストを作成(マスト&ベター)

ここまでで、これらのことが決まりました。

  • 住みたい区、最寄り駅
  • 住みたい間取り
  • 払える家賃

これらが、一番重要な、希望物件の条件リストです。

基本的にはマスト(絶対)の条件と言っていいです。

不動産屋、仲介業者に、最初に力強く伝えて下さい。

でも、これだけでは、効率的な物件探し、理想の部屋探しには不十分です。

追加で、あなたが譲れない条件を決めましょう!

物件の希望条件チェックリスト

  • マンションの設備条件(宅配ボックス、ゴミ捨て場、駐車場)
  • 部屋の設備条件(収納、エアコン)
  • バス/トイレの条件(ウオッシュレット、浴室暖房)
  • キッチン周りの条件(コンロの数、ガス/IH)
  • 周辺環境の条件(コンビニ、スパーの距離)

※条件を全て満たす物件に出会えるとは限りません。各条件、「絶対に譲れないもの(マスト)」と「できれば(ベター)」で分類しておきましょう。

【関連記事】失敗しない部屋探しを実現するための、賃貸物件の条件チェックリストの作り方を解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

続きを見る

決めたら、遠慮なく、不動産業者に伝えましょう。

なんの遠慮もいりません!

あなたはお客さまです。

あなたの希望をかなえるのが不動産屋の仕事です!

いよいよ部屋探し開始!サイトとアプリと不動産屋をフル活用!

いよいよ、部屋探し!

独身貴族

住みたい街が決まってるから・・・

さっそく不動産屋に行ってきまーす!

いきなり街の不動産屋に突撃するのは、おすすめしません。

地域密着型の不動産屋は、取り扱い物件が限られています。

まずは、自宅で、じっくりと広い範囲で探しましょう!

楽して、理想の物件が見つかれば、それに越したことはありません。

おすすめの大手サイト&アプリ

さきほども紹介した大手不動産サイトです。

物件リサーチに使えるサイト

>キャッシュバック賃貸

※スーモ、マイナビ、アパマンショップ、など大手が多数掲載

>LIFULL HOME'S

>Athome

とにかく、取り扱い物件数が多いのが特徴。

まずは、どんな物件があるか、多くの物件を物色してみよう。

物件に望む新たな条件が見つかったら・・・

あなたのチェックリストに追加していこう!

とはいえ、大手不動産サイトでは、あなたの条件に合う物件を自分で探すしかない。

特に、繁忙期は、動きが早すぎて、サイトで見つかってもすでに取られている場合が多い。

そんな時には、部屋を紹介してくれるアプリを利用しよう。

不動産屋にいかなくても、あなたのためにプロが動いてくれる・・・

物件探しに使えるアプリ

チャット形式で、担当コンシェルジュが、あなたの条件に合う部屋を探してくれる

>家AGENT+(イエプラ)

あなたの希望チェックリストを、そのまま送ればいい

条件に合う部屋を紹介してくれて、内見をセッティングしてくれる

※会員登録・相談無料

※必要なのはメアド、またはソーシャルアカウント(Google、ヤフーなど)のみ


LINEでやり取りできる、内見もオンライン(ZOOM)で完結

>【AWANAI 賃貸】

※会員登録・相談無料

※ZOOMでの内見無料は、家賃10万円以上

【関連記事】イエプラの評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

続きを見る

不動産屋に行くなら複数&妥協しない

ネットとアプリは、楽だけど、特に、繁忙期は、競争率は高い。

もう、時間がない人や、当日中に内見を数件行いたい人は、不動産屋に行きましょう。

ただし、休日は混んでいる可能性もある。

事前に電話して予約するのがベストです。

事前に、条件チェックリストをメールできるなら、なおよし!

気をつけてほしいのは、不動産屋は、大きく2種類あります。

  • 全国展開型:物件数多い。どの店舗でも扱う物件は同じ(会社によっても大きく変わらない)
  • 地域密着型:物件数少ない。その地域の独自物件を扱う

基本的には、扱っている物件が違う。

時間的余裕があるなら、両方活用するのがおすすめ!

まとめ:部屋探しから引っ越しまでにすべきことと注意点

たかが、部屋探しですが、簡単に何度も繰り返すことはできません。

お金も時間も労力もかかります。

失敗して後悔しないようにして下さい!

理想の物件を探すためには、これらが重要になります!

最後に:一番重要なこと

  • 引っ越しの2ケ月前から部屋探しを開始
  • 部屋探しは、初めに希望条件をリスト化
  • 希望条件のうち、ゆずれないものは諦めない
  • サイト・アプリ・店舗を必要に応じて活用

本記事の中で、大切なポイントのまとめと振り返りになります。

まとめと振り返り

<部屋探しから引っ越しまでの全体スケジュール>

引っ越しの全体スケジュール(2ケ月前からやるべきこと)

<部屋探しを引っ越し2ケ月前に開始すべき2つの理由>

  • 理由①:賃貸物件は仮押さえできない
  • 理由②:期間に余裕がありすぎて決断できない

<わたしの部屋探し失敗談>

  • 失敗①:勢いで、いきなり解約申込み
  • 失敗②:部屋探しの期間が短すぎ
  • 失敗③:繁忙期(1月~3月)に活動

<部屋探し開始前の3つの準備>

  1. 街選び
  2. 家賃と間取り決め
  3. 物件の希望条件リストを作成

【関連記事】東京23区の特徴・イメージや家賃相場を比較解説しています。

関連記事
東京23区の特徴とイメージをまとめてみた!引っ越すならどこがいい?
東京23区の特徴とイメージをまとめてみた!引っ越すならどこがいい?

続きを見る

【関連記事】徒歩通勤のメリット・デメリットと、おすすめの距離や物件の選びの注意点を解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

続きを見る

【関連記事】一人暮らし向けの5パターンの間取りについて、メリット・デメリットを比較解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

続きを見る

【関連記事】わたしが住んだ1LDK2物件を紹介しています。失敗しない1LDKの間取り選びも合わせてどうぞ!

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

続きを見る

【関連記事】失敗しない部屋探しを実現するための、賃貸物件の条件チェックリストの作り方を解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

続きを見る

<部屋探しで使えるサイトとアプリ>

【関連記事】イエプラの評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

続きを見る

あなたが、理想の部屋と出会い、新しい素晴らしい生活を手に入れることを願っています!

【まとめ記事】引っ越し計画の全体スケジュールとお役立ち記事をまとめて解説しています!

まとめ記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

続きを見る

- END -

-引っ越し計画

© 2021 独身貴族の引っ越し大作戦