家賃15万円の年収は?あなたのこだわりと将来設計が最重要な理由!

家賃15万円の年収は?あなたのこだわりと将来設計が最重要な理由!
独身貴族

30代になって収入が少し増えてきた。
家賃15万円くらいのところに引っ越そうと思う。

どれくらいの年収が必要なの?
あとで後悔したくないから、解説よろしく!

わたしは、30代前半で、家賃15万円台の物件に引っ越しました。

当時の年収は、約500万円。

当初、家賃10万円前半で、検討していましたが・・・

物件探し中に、家賃を上げることを決断!

結果的によかったし、後悔はしていません。

のちほど、経緯や理由を解説します。

家賃は、年収の3分の1程度、と言われますが・・・

単なる、目安にすぎません!

これらによって大きく変わってくるからです。

  • 年収の伸びが見込めるか
  • 家族を築く希望・計画があるか
  • あなたが、人生で、何を重視するか

ライフプランやスタイルに応じて・・・

適切な家賃を選択しましょう!

あなたが、物件選び、家賃設定で、失敗しないための情報をお伝えします。

家賃15万円だと、年収はいくら必要か

目安は手取り年収600万円

家賃15万円台だと、ざっくり、年間200万円の支出が必要です。

この3倍の年収が必要だとして、約600万円。

気をつけることは、収入には、額面と手取りの2種類あること。

額面収入税金、年金保険料、健康保険料を差し引く前
手取り収入上記を引いた後、実際にもらえるお金

600万円必要なのは、あくまで「手取り収入」です。

ここから家賃を引くと、残りが400万円、ひと月あたり、30万円。

この30万円から、食費、光熱費、交際費などを捻出していきます。

独身貴族

30万円あると思うと、独身には結構余裕だよね。。
1日1万円も使えるじゃん!

で、年収って、ボーナス含むの??

一般的な年収には、当然含まれますが・・・

家賃計算の際には、含めない方がいいと言われます。

ただ、人によって違ってくる。

年収に含めない方がいいケース・ボーナスが非常に不安定
・ボーナスは全て貯金に回したい
・ボーナスで大きな買い物をしたい
・ボーナスで大きなローンの返済をしたい
年収に含めてもいいケース・ボーナスが非常に安定している
・ボーナスは、家賃を含めた生活の質向上に使いたい
独身貴族

なるほど・・・
家賃補助をあてにしてよいかも、人によって変わってくるよね。
転職したら、なくなるかもしれないし・・・
会社が打ち切ったら、なくなるもんね。

あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう

家賃設定は、年収にボーナスや家賃補助を含めるかより・・・

もっと重要なことがある!

それは、あなたの、人生そのものに対する考え方。

人生設計や、生活上で何を重視するかは、人によって違う・・・

これだけは、あなたが決めるしかありません!

ケースに応じた家賃の設定方針を示します。

ケース家賃の設定方針
結婚願望あり・あなたの部屋で同棲予定があるなら、高くしてもいい
・同棲して、引っ越す予定があるなら、下げておくべき
出世願望あり・背伸びした家賃を自分に課して、仕事の励みにするなら、高くしてもいい
家にいる時間を重視・休日の快適空間だけはゆずれないなら、高くしてもいい
・在宅ワークが多く、仕事部屋を充実させたいなら、高くしてもいい
部屋にこだわりなし・家は寝に帰るだけで、こだわりがないなら、下げておくべき
・家賃よりも遊びや買い物にお金を使いたいなら、下げておくべき
独身貴族

ぼくは、見栄を張りたいケースかな。。
恋人や友人を、広い部屋に招きたい!
高くしてもいいよね?

全然OK、あなたの人生の価値観を大切に!

【関連記事】家賃12万円の部屋に必要な年収家賃10万円の部屋に必要な年収を、それぞれ解説しています。

関連記事
家賃12万円の年収は?500万円なら安心【大切なのはあなたのこだわり】
家賃12万円の年収は?500万円なら安心【大切なのはあなたのこだわり】

家賃12万円だと、年収はいくら必要?手取り年収500万円あれば安心|あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう|わたしの体験談:年収400万円で家賃12万円|どんな物件が借りれるの?基本的には1LDK以上|家賃と引っ越しの出費を抑える方法!

続きを見る

関連記事
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】

家賃10万円だと、年収はいくら必要?手取り年収400万円あれば安心|あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう|わたしの体験談:年収350万円で家賃10万円超え|どんな物件が借りられる?基本的には1LDK以上|家賃と引っ越し費用を抑える方法

続きを見る

【関連記事】家賃が高い物件に住むメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!

背伸びして家賃が高い物件に住むメリット!①部屋が広い、②物件設備が充実、③通勤時間短縮、④入居者の質が高い、⑤人を招ける、⑥仕事を頑張れる|デメリット!①初期費と更新費、②管理費、③光熱費、④契約審査が厳しい、⑤貯金と趣味のお金が回せない

続きを見る

わたしの体験談~年収500万円で家賃15万円~

わたしは、33歳の時、家賃15万円の部屋に引っ越しました。

引っ越し先東京都文京区
間取り1LDK(35㎡)
家賃15.8万円
当時の年収額面年収:約700万円
手取り年収:約500万円

部屋探しを始めた時には、家賃を10万円台前半で考えていました。

独身貴族

手取りの3分の1くらいだもんね。

なんで家賃上げたの?

わたしの、譲れない条件を満たせなかったから・・・

  • 徒歩通勤圏内:これが引っ越し最大の目的!
  • 間取りは1LDK:リビングと寝室を分けたい
  • リビング広め:最低10畳

部屋探してすぐに分かりました。

10万円くらいの家賃では・・・

わたしの希望はかなわない!

横浜市から、東京都の文京区に引っ越したんですが・・・

家賃相場が全然違った!

さきほどの条件は、満たすんですが、以前住んでた部屋に比べて、見劣りする点が多々あり。

不動産屋に、15万円でいいと伝えて、もっといい物件をお願いした。

で、いまの部屋に決めました。

独身貴族

生活苦しくなかった?

いや、、全然。

毎月の給料で、貯金はできなかったけど、ボーナスは丸々貯金って感じ。

30代中盤、管理職にもなってからは、お金のことは全く気にしなくなりました。

【関連記事】徒歩通勤のメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

独身には徒歩通勤がおすすめ!メリット・デメリット7選!距離2,3キロがベスト!メリット①満員電車からの解放、②運動による健康維持、③日光を浴びてメンタル安定、④睡眠時間増加、⑤プライベート時間増加、⑥飲み会後の帰宅が楽ちん、⑦人を呼びやすい

続きを見る

【関連記事】部屋探しをする時の条件チェックリストを解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

賃貸物件の部屋探しをする前に、条件チェックリストを作成しよう!失敗しないために決める条件を、4分野、41条件で網羅!【基本編】絶対必須の5条件+後悔しないための7条件|【こだわり編】①建物への7条件、②部屋への17条件、③周辺環境への5条件

続きを見る

家賃15万円だと、どんな物件が借りれるか

基本的には、1LDK以上に住むことができます。

1LDKは、このような間取りです。

1LDKの間取りイメージ

リビングと、ダイニングと、キッチンが別々の部屋になっているわけではありません。

リビング・ダイニング・キッチンで、1部屋です。

プラス、もう1部屋あるので、寝室や仕事部屋を分けられます。

独身貴族

特別広いわけじゃないけど、都内だと、学生や、20代会社員には厳しいよね。

リッチな独身快適生活を手に入れるための、登竜門ですね。

家賃15万円出しても、これらの条件だと1LDKは厳しい・・・

  • 東京都内の超一等地である、港区、渋谷区など
  • 駅近のタワーマンション

逆に、家賃15万円以上だと、地方ならば・・・

2LDK以上、むしろ一軒家も借りれます!

【関連記事】30代1人暮らしにおすすめの間取りと、一人暮らしに1LDKがおすすめの理由を解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

30代社会人で、引っ越しを検討している方へ!一人暮らしにおすすめの間取りを5種類、5つのケース別に解説!①都心のど真ん中に住みたい、②料理をしたい、③一人で優雅に暮らしたい、④人を呼びたい、あわよくばモテたい、⑤寝室以外にもう1部屋欲しい

続きを見る

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

一人暮らしに1LDKが広すぎることはない!必要な家具を配置するのに、ちょうどいい快適な広さ!わたしが実際に住んだ物件の間取りのレイアウトイメージと共に解説|一人暮らしにおすすめな1LDK物件の間取りと設備|1LDKのメリット・デメリット|

続きを見る

出費をなるべく抑えたいなら・・・

独身貴族

家賃15万円でも全然いいけど、できれば出費は抑えたい・・・

家賃そのものを下げる方法

まずは、家賃そのものを下げる方法です。

この2つしかありません。

  • 家賃の値下げ交渉をする
  • 同じ条件で、なるべく家賃が安いところを選ぶ

家賃の値下げ交渉をする

値下げ交渉が実現すれば・・・

これらの、初期費用も全て下がります!

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料

だからこそ、簡単に応じてはもらえない。

応じてもらうには、繁忙期を避けることが重要・・・

  • 新年度開始の4月前後
  • 期変わりの10月前後

あなた以外に、値下げせずとも入居する人がいれば、交渉に応じてもらえない。

入居希望者が少ない時期が、引っ越しの閑散期。

入居希望者があなただけの場合、成功率が一気に高まる。

独身貴族

大家からすると、1ヶ月以上空き屋にして、10万円以上、損するなら・・・
数千円の値引きで、即入居してほしいって思うかもね。

相手が値下げに応じてくれた場合、あなたも、この条件に応じることを明示しよう。

  • 即契約すること
  • 入居日は、大家さんが指定する最も早い日で応じること

同じ条件で、なるべく家賃が安いところを選ぶ

次は、もっと簡単に家賃を下げる方法です。

条件を満たす範囲で、物件自体を変えること。

例えば、譲れない条件が「徒歩通勤できること」の場合。

必ずしも、駅の近くである必要はなくなります。

駅から遠ければ遠いほど、同じ部屋の広さで、家賃が下がる。

徒歩通勤の目安は、長くて、20分~30分です。

会社から、駅の逆方法、住宅街に向けて、20分~30分歩く距離で探しましょう。

会社の住所と、条件を伝えれば、不動産屋さんが探してくれます。

独身貴族

ぼくは、ほとんどリモートワークだから、駅が近い必要って全くない。。

家賃を下げる時の注意点は、譲れない条件だけは・・・

絶対変えちゃいけません!

引っ越しの目的が達成できず、絶対に後悔することになる。

物件探しの前に、絶対に譲れない条件は明確にしましょう。

【関連記事】部屋探しをする時の条件チェックリストを解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

賃貸物件の部屋探しをする前に、条件チェックリストを作成しよう!失敗しないために決める条件を、4分野、41条件で網羅!【基本編】絶対必須の5条件+後悔しないための7条件|【こだわり編】①建物への7条件、②部屋への17条件、③周辺環境への5条件

続きを見る

【関連記事】家にいながら部屋探しができる「イエプラ」の評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

イエプラの評判と口コミをまとめました!良い評判:おとり物件なし、詳しい条件もチャットで相談可、現地集合で内見、申込みもその場で完結、ATTB利用可|悪い評判:強引な営業をされた、「埋まってる」と即答、アプリの使い勝手が悪い、電話対応が悪い

続きを見る

引っ越しの初期費用を下げる方法

引っ越しには、大きな初期費用が必要になります。

家賃15万円だと、全てコミコミで100万円前後かかります。

年間家賃の半分くらいのお金です。

初期費用を下げる方法もいくつかあるので、実践しよう!

  • 繁忙期を避ける
  • 不用品を引っ越し屋に廃棄依頼しない
  • 敷金・礼金を抑える
  • 仲介手数料を抑える
  • フリーレント物件を探す
  • キャッシュバックを利用する
  • なるべく引っ越し屋に頼らない
  • 引っ越し費用を下げる
  • 家具・家電を買いすぎない

【関連記事】引っ越しの初期費用の計算方法と抑える方法を解説しています。

関連記事
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!

引っ越しの初期費用の計算方法を解説!必ず発生する費用:①敷金、②礼金、③前家賃、③仲介手数料、⑤火災保険料、⑥鍵交換費用|発生しないことがある費用:①日割り家賃、②保証委託料、③引っ越し費用、④買い物|初期費用を抑える方法10選も合わせて!

続きを見る

【関連記事】新電力会社おすすめランキングを解説しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

電力会社、料金プラン選びに悩む方、必見!おすすめの電力会社を徹底比較!新電力会社総合ランキング|電気料金ランキング(世帯別・エリア別)|サービス充実度ランキング|新電力各社のメリット・デメリットと評判・口コミ

続きを見る

【関連記事】一人暮らしで電気代1万円が高い理由と節約する方法を解説しています。

関連記事
一人暮らしで電気代1万円超えはヤバい?下げる方法!
一人暮らしで電気代1万円超えはヤバい?下げる方法!

一人暮らしで電気代1万円超えは高い?電気代がかかる家電トップ10|電気代を下げる方法!電化製品の電気利用量を抑える(特に、エアコン、乾燥機)、契約アンペアを下げる、新電力会社に切り替える

続きを見る

まとめ:家賃15万円だと年収はいくら必要か

ここまで読んで頂いて、本当にありがとうございました。

まとめと振り返り

<家賃15万円だと、年収はいくら必要か>

  • 目安は手取り年収600万円
  • あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう
  • わたしの体験談~年収500万円で家賃15万円~

【関連記事】家賃12万円の部屋に必要な年収家賃10万円の部屋に必要な年収を、それぞれ解説しています。

関連記事
家賃12万円の年収は?500万円なら安心【大切なのはあなたのこだわり】
家賃12万円の年収は?500万円なら安心【大切なのはあなたのこだわり】

家賃12万円だと、年収はいくら必要?手取り年収500万円あれば安心|あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう|わたしの体験談:年収400万円で家賃12万円|どんな物件が借りれるの?基本的には1LDK以上|家賃と引っ越しの出費を抑える方法!

続きを見る

関連記事
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】
家賃10万円の年収は?400万円なら安心【いい部屋に住んで成り上がれ】

家賃10万円だと、年収はいくら必要?手取り年収400万円あれば安心|あなたの将来設計や生活の優先順位で決めよう|わたしの体験談:年収350万円で家賃10万円超え|どんな物件が借りられる?基本的には1LDK以上|家賃と引っ越し費用を抑える方法

続きを見る

【関連記事】家賃が高い物件に住むメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!
家賃が高い物件に住むメリット6選!1人暮らしなら背伸びもあり!

背伸びして家賃が高い物件に住むメリット!①部屋が広い、②物件設備が充実、③通勤時間短縮、④入居者の質が高い、⑤人を招ける、⑥仕事を頑張れる|デメリット!①初期費と更新費、②管理費、③光熱費、④契約審査が厳しい、⑤貯金と趣味のお金が回せない

続きを見る

【関連記事】徒歩通勤のメリットとデメリットを解説しています。

関連記事
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】
徒歩通勤のメリット7選とデメリット7選【距離は2,3キロがベスト!】

独身には徒歩通勤がおすすめ!メリット・デメリット7選!距離2,3キロがベスト!メリット①満員電車からの解放、②運動による健康維持、③日光を浴びてメンタル安定、④睡眠時間増加、⑤プライベート時間増加、⑥飲み会後の帰宅が楽ちん、⑦人を呼びやすい

続きを見る

【関連記事】部屋探しをする時の条件チェックリストを解説しています。

関連記事
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために
賃貸物件の条件チェックリスト41選!部屋探しで絶対に失敗しないために

賃貸物件の部屋探しをする前に、条件チェックリストを作成しよう!失敗しないために決める条件を、4分野、41条件で網羅!【基本編】絶対必須の5条件+後悔しないための7条件|【こだわり編】①建物への7条件、②部屋への17条件、③周辺環境への5条件

続きを見る

<家賃15万円だと、どんな物件が借りれるか>

  • 基本的には1LDK以上
  • 地方ならば2LDK以上、一軒家も可能
1LDKの間取りイメージ

【関連記事】30代1人暮らしにおすすめの間取りと、一人暮らしに1LDKがおすすめの理由を解説しています。

関連記事
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】
社会人30代の一人暮らしにおすすめの間取り【5つのケース別に解説】

30代社会人で、引っ越しを検討している方へ!一人暮らしにおすすめの間取りを5種類、5つのケース別に解説!①都心のど真ん中に住みたい、②料理をしたい、③一人で優雅に暮らしたい、④人を呼びたい、あわよくばモテたい、⑤寝室以外にもう1部屋欲しい

続きを見る

関連記事
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】
一人暮らしに1LDKは広すぎる?快適すぎる!【実際住んだ2物件を比較】

一人暮らしに1LDKが広すぎることはない!必要な家具を配置するのに、ちょうどいい快適な広さ!わたしが実際に住んだ物件の間取りのレイアウトイメージと共に解説|一人暮らしにおすすめな1LDK物件の間取りと設備|1LDKのメリット・デメリット|

続きを見る

<出費をなるべく抑えたいなら>

  • 家賃の値下げ交渉をする
  • 同じ条件で、なるべく家賃が安いところを選ぶ
  • 引っ越しの初期費用を下げる

【関連記事】家にいながら部屋探しができる「イエプラ」の評判と口コミを解説しています。

関連記事
イエプラの評判と口コミを徹底レビュー!【家でプロに部屋探しを依頼】
イエプラの評判と口コミを徹底解説!【家でプロに部屋探しを依頼】

イエプラの評判と口コミをまとめました!良い評判:おとり物件なし、詳しい条件もチャットで相談可、現地集合で内見、申込みもその場で完結、ATTB利用可|悪い評判:強引な営業をされた、「埋まってる」と即答、アプリの使い勝手が悪い、電話対応が悪い

続きを見る

【関連記事】引っ越しの初期費用の計算方法と抑える方法を解説しています。

関連記事
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!
引っ越しの初期費用はいくら?3分で分かる計算方法&抑える方法10選!

引っ越しの初期費用の計算方法を解説!必ず発生する費用:①敷金、②礼金、③前家賃、③仲介手数料、⑤火災保険料、⑥鍵交換費用|発生しないことがある費用:①日割り家賃、②保証委託料、③引っ越し費用、④買い物|初期費用を抑える方法10選も合わせて!

続きを見る

【関連記事】新電力会社おすすめランキングを解説しています。

関連記事
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】
新電力会社おすすめランキング【世帯・エリア別比較】

電力会社、料金プラン選びに悩む方、必見!おすすめの電力会社を徹底比較!新電力会社総合ランキング|電気料金ランキング(世帯別・エリア別)|サービス充実度ランキング|新電力各社のメリット・デメリットと評判・口コミ

続きを見る

【関連記事】一人暮らしで電気代1万円が高い理由と節約する方法を解説しています。

関連記事
一人暮らしで電気代1万円超えはヤバい?下げる方法!
一人暮らしで電気代1万円超えはヤバい?下げる方法!

一人暮らしで電気代1万円超えは高い?電気代がかかる家電トップ10|電気代を下げる方法!電化製品の電気利用量を抑える(特に、エアコン、乾燥機)、契約アンペアを下げる、新電力会社に切り替える

続きを見る

では以上となります。

引っ越しは、生活を変える大きなきっかけになります。

家賃は、引っ越しの初期費用とその後の生活費を決める大きな出費です。

  • もちろん年収によって、決めなくてはいけません
  • 制約も発生します

ただ、一番大切なのは、あなたが引っ越しで何を手に入れたいかです。

あなたのこだわりを実現することを、決して忘れないで下さい!

必ず実現して下さい!

【まとめ記事】引っ越し計画の全体スケジュールとお役立ち記事をまとめて解説しています!

まとめ記事
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法
【引越しスケジュール】いつからなにする?理想の新居を手に入れる方法

引越しのスケジュールが知りたい。いつからなにをすればいい?2ヶ月前から準備するのがベスト!計画段階で成否が決まる!①部屋探し【2ヶ月前】、②契約・手続き関係【1ヶ月前】、③引っ越しの準備【2週間前~前日】、④いざ引っ越し!【当日】

続きを見る

【まとめ記事】1人暮らしの引っ越しでやること全てを解説しています。引っ越しが成功して、快適生活が手に入ります!

まとめ記事
引っ越しやることリスト!【一人暮らし用完全版】
引っ越しやることリスト!【一人暮らし用完全版】

引っ越しでやることリスト(一人暮らし用)を、期間別に徹底解説!1ヶ月前までにやること|1週間前までにやること|引っ越しの前日までにやることリスト|引っ越し当日にやること|引っ越し後、2週間以内にやること|引っ越し後、落ち着いてからやること

続きを見る

- END -

-引っ越し計画